駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS メディア・イベント論×マナー向上キャンペーン 1

<<   作成日時 : 2008/11/29 21:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 11月21日、「メディア・イベント論」(高・担当)の講義において、私たちメンバー7人は駒澤大学恒例の「マナー向上キャンペーン」をテーマに発表しました。正直、私たちは当初、このキャンペーンの期間も存在もアバウトにしか知りませんでした。そんな私たちが「マナー向上キャンペーン」のプレゼンをしようと思ったのは――


きっかけはCOCORO

メディアイベントについてのプレゼンテーション すべてのきっかけは、駒大のエコサークルCOCOROからのポスター作成依頼でした。

 駒澤大学は2003年4月から、毎年の春季(5月)と秋季(11月)に、それぞれ一週間の「マナー向上キャンペーン」を実施してきました。

 これまでは、教職員が中心に、キャンパス周辺のゴミ拾いやマナー広告の入っているティッシュ配りを行っていました。学生に主体的に参加してもらうべく、今年11月に、大学総務部がエコサークルCOCOROに協力を依頼しました。

 そこで、COCOROは学生によるポスター作りを広く呼び掛けたところ、高先生の推薦のもと、「メディア史」の講義でも素晴らしいポスターを創作したチームメンバーの高柳さん、浜田さんが紹介されたのです。

 しかし、ポスターの作成期間は1週間と非常に短いものです。「メディア・イベント論」の発表もそれほど余裕があるわけではありません。

 それならば、テーマを同じにし、「マナー向上キャンペーン」を題材にしたメディア・イベントを考案し、ポスター作りと発表準備を同時進行にしようと考えました。

 ここから、私たちの手作りの「マナー向上キャンペーン」がスタートしたのです。

 メンバー同士で話し合いをしていくうちに、歩きタバコなどに対する不平不満が噴出し(笑)、大学のマナー向上・環境に関する取り組みに興味が湧いてきました。

 そして、「マナー向上キャンペーン」の改善点を洗い出し、講義で得たメディア・イベント論の知識を活かしつつ、学生発信のキャラクター案・イベント案を生み出したのです。


発表の全容

 発表時に使ったパワポ・スライドの修正版はこちらです。ほかの学生や先生からいただいたコメントを参考にしました。(上のリンクをクリックし、右下からページをめくりながら御覧下さい)

 簡潔に内容をまとめてみますと、

 1. 「マナー向上キャンペーン」の課題

   認知度をどう高めるか?
   学生の自主性をどう引き出すか?
   キャンペーンの持つポジティブ・イメージをどう活かすか?

 2. 私たちの具体的な企画・提案
 

  写真を重ねた4コマ漫画風のポスターをデザイン
  イメージ・キャラクターを考案:箱根駅伝No.ワンのこまちゃん
  楽しい新企画:ゴミ拾い駅伝=エコ伝(たすきの代わりにゴミ袋をリレー)
  ネット・ツールの活用:HP、ブログ、SNS、Youtube、ブログパーツ&.

 ポスターとこまちゃんのデザイン・コンセプトについては、チームメンバーの高柳さんと浜田さんが書いたこちらの文章をご参照ください。

 今回の発表を通して、自らイベントを企画することの面白さをものすごく実感しました。

 これを機に、私たちメンバー自身のエコ意識が高められただけでなく、メディアの実践力社会への発信力の大切さについて、深く考えさせられました。(3年、宮田)

メディアイベントについてのプレゼンテーションP.S.  「メディア・イベント論」はGMS学部3年生以上履修可能の選択科目で、今年は120名の受講生がいます。前半は講義中心でしたが、後半は学生自らが問題意識を持てるように、講義の冒頭の15分間を「発表コーナー」として設け、好きなテーマについての自由発表の時間に当てました。

 宮田チームの発表は最初のエントリーでした。ここで、講義後に提出された受講生の感想をいくつかご紹介します。
 
 「ゴミ拾いをするとこんなにHappyになれるんだと思わせる発表で、ぜひ協力したいと思いました。」
 
 「GMSの知識と経験をいかしたとても良いキャンペーンだと思いました。こまちゃんもとても可愛かったです。エコ的な面で1つ思ったのが、ポケットティッシュのビニールの部分を再生紙などエコを意識したものだと、よりよいと思いました。」

 「駒大ならではの、このマナー向上キャンペーンに着眼したのが良い点だと思います。私たちも、このメディア・イベントの対象者なので、すごく身近に感じました。『駅伝ゴミ拾いキャンペーン』が実現すれば、地域の人も喜んでくれると思います。」

 「ゴミ拾いを駅伝形式で行うという案は、駒澤ならではだと思いました。単に、ゴミを拾おうというだけでは多少やらされている、という感が心のどこかで生まれてしまうこともあります。

 しかし、駅伝という競争にすれば、普通に行うよりも、集中して早くゴミ袋をつなげようという気になると思います。これによって、楽しみながら、かつスピーディーにゴミを集めることが出来て、非常に効果的なイベントだと思います。」

 実際に、「マナー向上キャンペーン」期間中(11月17〜22日)、宮田さんたちが作ったポスターは校内の掲示板や体育館の入口などの数箇所に掲示されたそうです。

 また、発表後、一躍人気ものになったキャラクター「こまちゃん」は、高ゼミ2年生作成のニュース番組にキャスター役としてデビューすることが決まりました。

 12月下旬にニュース動画の完成版をブログに掲載する予定です。ご期待ください!

 来年の「マナー向上キャンペーン」には、ぜひ「こまちゃん」に登場していただき、駒大生と地域住民が一緒に楽しめる「エコ伝」を実現したいものですね。 (高)

後日談: 今回の「メディア・イベント論」での発表内容を参考に、高ゼミ2年生はこまちゃんがキャスト役を務めるニュース番組――「こまちゃんニュース〜今、学生の出来ること〜」を仕上げました。現在、高ゼミのYouTubeチャンネルで配信しております。どうぞご覧下さい。なお、映像制作のエピソードについては、グループリーダーが書いたこちらの文章も合わせてご参照ください。(高)

関連記事
ポスター:「My箸持参キャンペーン!」(08/10/27)
メディア・イベント論×マナー向上キャンペーン 2 (08/11/29)
ニュース番組に初挑戦!「こまちゃんニュース〜今、学生に出来ること〜」(08/12/20)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
メディア・イベント論×マナー向上キャンペーン 1 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる