駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ゼミ生のオススメ科目「Strategic Presentation」

<<   作成日時 : 2008/11/13 14:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 GMS学部2年生の必修科目「Strategic Presentation」は、週に2回あり、1号館5階にあるPC教場で行われています。担当のSatish Tandon先生は政治学ご専門のインド出身の方です。先生の指導のもとで、様々なテーマに沿って英語の関連サイトを検索し、英語でパワーポイントを作成し、さらに英語でプレゼンテーションするという、とても刺激的な授業です。


駒澤大学GMS学部英語のオススメ科目
Not Only English!(英語だけじゃな〜い!)

 この授業の醍醐味は、英語の勉強と同時に、日常の社会現象から世界の政治情勢まで、奥深く分析する力が身に付けられることです。

 これまでは、自分の興味のある企業に新製品の販売促進を提案したり、世界的に懸念されている食糧価格高騰の要因を検証したりして、英語でプレゼンテーションをしてきました。

 つい最近の授業では、米次期大統領Obama氏就任後の各国への影響について、英語サイトから収集した情報に分析を加えてそれぞれ発表しました。

 自分の発表だけでなく、クラスの仲間の意見も聞くことができるので、物事を柔軟に考えることの大切さに気づかせてくれる、発見の多い授業です。


Two Pet Phrases (二つの口癖)

 授業の魅力の中心は何といってもTandon先生です。少人数のクラス編成ですので、みんなすぐ先生と仲良くなりました。

 ここで、私たちしか知らないTandon先生の二つの口癖を特別に教えます!一つは日本語の「おもしろいよね!」です。

 これは私たちが自分の発表テーマを決める際に必ず言ってくれる言葉です。学生自身の発想を大事にする先生の姿勢がうかがえます。

 もう一つの口癖は英語の「Great!」です。私たちの発表のあとに、必ずそれを言い拍手までしてくれます。ほめ上手の先生のおかげで、苦手だったプレゼンテーションはとても楽しくなりました。


Music in Classroom (教室に音楽♪

 ある日、先生が検索中のPCから、突然、心地よい音楽が響き渡るhappeningがありました。先生も含めてみんなびっくりしましたが、緊張感の漂う教室が瞬時に癒されるという素敵な時間となりました。

 それ以来、各自がテーマを調べている最中には、予想しない様々な音楽がPCから響き合うことが多くなりました。

 教室らしくないかもしれませんが、このように自由な雰囲気のなかでいつも「Strategic Presentation」が行われています。

 さあ、次回は教室でどんな音楽が流れてくるのか、ちょっと楽しみになってきました! (2年、Y.S)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ゼミ生のオススメ科目「Strategic Presentation」 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる