駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS オーストラリアに旅立つ前に

<<   作成日時 : 2009/01/11 14:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 突然ですが、みなさんがGMS学部に入った理由は何ですか?GMSとは、分かりやすく大きく2つに分けると、GlobalMediaだと思います。私がこの学部に入ったのも、ただ単純に「英語も好きだし、メディアも面白そう〜!」という理由でした。特に、外国や外国人にはとても興味があり、「いつしか海外留学したいな〜」という思いを抱きました。


ワーキングホリデーで行くオーストラリアワーホリとの出会い

 十代の頃から抱いていたこの思いは、二十歳の誕生日を迎え、いよいよ今年実現することになりました。今月下旬から9月上旬までの約7ヶ月間、オーストラリア・ブリスベン(Brisbane)へ行ってきます!

 キッカケは、何気なく入った居酒屋のトイレのドアに貼ってあったポスターです。そこには「ワーホリ」というワードの入ったものがありました。Working Holiday通称:「ワーホリ」。

 このポスターと出会ってから、海外行きを決めるまでは約1年間でした。まさか、自分が「ワーホリ」で海外に行くことになるなんて、自分自身でも驚きです。

 ワーホリとは、いくつかの基準やルールはありますが、語学留学ではできない様々な経験ができる権利を持つビザです。(すごく簡単に説明するとですが……)

 もちろん、語学留学に通うこともできるし、ホームステイをする人もいます。ほかには、現地バイトボランティアバックパッカーシェアハウスラウンド(旅的な)・ファームステイ習い事などなど、人それぞれです。

 語学留学と比べると、ワーホリの費用は安いです。やはり、語学学校は授業料が高いと思いますが、ワーホリだと自分自身で費用を抑えることもできます。

 私の場合は約130万円かかりました。ただし、斡旋会社に払った手数料が高かったので、自分で手続きするなら、もう少し抑えられたかもしれません。


渡航の準備

 ワーホリ渡航に必要な事務手続きは、

ワーキングホリデーでオーストラリアへ  斡旋会社に登録
 ワーホリビザ取得
 ブルーカード取得 (個人差ですが、幼児施設でボランティアをする人は必ず取得するもの)
 海外保険手続き
 航空券予約
 資金準備
 携帯電話手続き
 国際学生証発行
 その他、日本での準備&.

 これらすべては、個人的に手続きすることができます。私は何も分からないし、親も心配しているということもあり、事務手続きはすべて斡旋会社にお願いしました。ワーホリビザ・ブルーカード・航空券に関しては、ただのA4の紙っぺらでビックリしました!!

 やらなきゃいけないことはいっぱいあるのに、怠けてばかりで、どんどん出発日が迫ってくることに焦っていましたが……円高のこの時期にトラベラーズチェックで両替を済ませ、ある程度の生活費も準備完了しました。

 いよいよ今月下旬にも出発です

 次回は、オーストラリアでの滞在計画についてお話しします。どうぞ続きのページへお進みください。 (2年、Y.K)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
オーストラリアに旅立つ前に 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる