駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 春休み旅行〜初めてのソウル〜

<<   作成日時 : 2009/03/19 13:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 あにょはせよーということで、同じGMS学部の友人3人で2泊3日韓国ソウルへ旅行してきました。友人だけで海外旅行をすることは初めての経験で、期待と不安でいっぱいでした。今は円高だし、学生プランを利用することで格安旅行することができました。


ハラハラドキドキ

 ソウルに着いたのは夜の12時でした。空港を出た途端に、知らないおじさんたちがどんどん寄ってきて、韓国語で話しかけられました。

 どうやらタクシーに乗せたいみたいでしたが、夜だし女3人で言葉も何も分からない土地でのその経験は恐怖でしかありませんでした

 結局、警備員のような方が助けに来てくれて安全なタクシーに乗せてくれて、一安心しました。


東大門→南大門→明洞

 次の日は朝から東大門へ行きました。東大門には「渋谷の109の韓国版」といったショッピングモールがありました。

 そこで驚いた事が、洋服屋さんなのに店内で鍋を食べていたりと、営業中にも関わらず食事をしていました。文化の違いなのでしょうか?日本では考えられない光景で驚きました

 その後はは南大門へ向かいました。南大門は市場です。洋服・食べ物・アクセサリーなど、ここに行けば衣食住に必要なものが全て揃うといった感じの町で活気に溢れていました。

明洞のスターバックスとユニクロ
ソウル明洞の屋台


 最後は明洞へ。早速、スタバとユニクロを発見!(写真左)明洞も南大門同様、何でも揃う町ですが、より近代的で高層ビルやデパートなどもあり、高級ブランド店などがありました。高層ビルが立ち並ぶ一方、屋台が本当にたくさんあり、時代が交錯している感じでした(写真右)。


うわさの「BBクリーム」

 ここで私たちは化粧品などの美容品をたくさん買いました。韓国にはBBクリームという韓国コスメが町中で売られていました。これはIKKOさんが「おネエMANS」で実演メイクして紹介したことにより爆発的ヒットを飛ばしている商品です。

ソウルETUDE HOUSE 中でも「ETUDE HOUSE」(エチュードハウス)というコスメショップではIKKOさんオススメのBBクリームや化粧品を販売しており、店内は日本人で溢れ返り、レジは常に大行列していました。(写真

 この「ETUDE HOUSE」は明洞だけで4店舗も見かけました。一つの町に同じ店が4店舗もあるなんて、日本ではあまりない光景だと思います。テレビの持つ力を改めて痛感させられました。(そういえば、IKKOさんはつい最近、「韓国観光名誉広報大使」に任命されたそうです)

 明洞では本当にたくさん買い物をしました。荷物があまりにも多すぎて、通り過ぎる人たちが私たちの荷物に驚いて見ていました

 物欲が強いあまり食欲が軽減していて、ご飯を食べるのを忘れていました買い物疲れでぐったりしながら焼肉屋さんへ行きました。韓国の焼き肉は店員さんがお肉を焼いてくれ、本場の焼き肉は本当においしかったです。


SOUL OF SEOUL

 韓国の人はみなさん本当に親切な人ばかりで心が温かくなりました。

 道を尋ねると、日本語の分かる友人に電話をして代わりにその人が道を教えてくれました。

 また、帰りの空港へ向かうバス停が分からないというと、ホテルの人が荷物を持ってくれて、自分の車を出してバス停まで連れて行ってくれ、本当に親切でした

 私たちは「こんにちは」と「ありがとう」という韓国語しか知りませんでした。言葉はコミュニケーションをするのに本当に必要だと思ったし、異国の地へ行くときはもう少しその国の言葉を勉強しなくてはと思いました。

 この旅を振り返ると、女の子3人ということで、本当に買い物一色だった気がします。次は世界遺産などの韓国の文化にも触れたいなと思いました。

 本当に楽しい思い出たくさんの旅行になりました。また絶対韓国に行きたいです。かむさはむにだー (2年、M.O)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
春休み旅行〜初めてのソウル〜  駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる