駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 人生の「鼓動」〜救われた一曲〜

<<   作成日時 : 2009/05/27 08:08   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 こんにちは。GMS学部3年のT.Hです。僕の趣味は音楽と詩です。そのなかでダントツに好きなのが音楽で、まさに「NO MUSIC NO LIFE」という表現がぴったりだと思います

グローバル・メディア・スタディーズ学部 僕は小学校一年生から中学二年生までずっとピアノを習っていました。

 習っていたといっても、普通の音楽教室ではなく、「サトウキビ畑のうた」を作詞作曲した寺島尚彦先生の自宅での個人レッスンだったので、非常に質の高い音楽を学ぶことが出来ました。

 僕には五歳上の姉がおり、この姉もまた寺島先生の下でピアノを学び洗足学園大学音楽科へと進学しました。

 当時、絶対音感があった僕は姉よりもはるかに才覚を持っており、先生に音大の付属高校への進学を進められていましたが、僕はいつからかピアノを弾くことが苦痛となり、中学二年の時辞めてしまいました。

 今になって思うとなぜ辞めてしまったのだろうと後悔している部分も多々あります。しかし、当時の僕は周りの友人から「男なのにピアノやってるとか女みたいだな」などと罵られ、精神的限界だったので辞めざるを得ませんでした。

 それからというもの僕は、何をやっても中途半端な人間になってしまったと思います。

 中学ではバレーボール部に入っていたのですがそれも辞めてしまいました。当時、僕は背が低いのが非常にコンプレックスで、これ以上やっても無駄だと自ら見切りを付けてしまったのです。

 勉強も運動も顔も人並み以下、こんな自分は何の為に存在するのだろうと中学生ながらいつも悩んでいました。

 おまけに、当時の先生からは危ない子と煙たがられ、部活で繋がっていた友人もみな去ってゆき、人間というものはなんて薄情な生き物なんだと、人間不信に陥りました

 そんな時、僕を救ってくれたのが、Dir en greyの「鼓動」という曲でした。

どことなくその悲しそうな顔もきっと明日には忘れ消える
いつからだろうこんなに瞳が死んだのは

無意味に 生き続け唄う俺にいったい明日に何がある
部屋で独り鼓動を奏で叫ぶ
Don't kid yourself and don't fool yourself

I am addicted to the perceived fate
しがみついた運命に俺は独り
Don't kid yourself and don't fool yourself

声殺して 目を塞いで 闇に溺れて彷徨って
もう縋れない
声殺して 目を塞いで 闇に溺れて彷徨って
鋭利な君の声を胸に…
全てを闇に

止まない雨 止まない音 止まない傷
止まない愛 止まない唄を・・・
もう止められないから
もう耐えられないから

声殺して 目を塞いで 闇に溺れて彷徨って
もう縋れない
声殺して 目を塞いで 闇に溺れて彷徨って
鋭利な君の声を胸に…
全てを闇に

晴れ晴れしい朝よ皮肉に
-おはよう-

 彼らの音楽は人間の痛みというのがテーマで、自分と同じ考えの人間がこの世界にいるということで僕の心はとても救われました。

 僕が感じた孤独な時間は僕の中である世界観を形成し、それを詩として書き表すことで、僕は自分の心に刺さった棘を抜いていたのだと思います。

 僕の将来の夢はバンドをやることですが、ヒットする気はさらさらありません。ただ、自分があの頃感じた痛みや苦しみを味わっている人の手助けに少しでもなりたいです。

 アイドルやポップシンガーなどの商業音楽は全く心に響きません。人びとが目を背けたくなるような現実を表現出来るような人間になりたいです。

 音楽に限らず、詩や著書など「自分が生きた証」を一つでも残すことができれば、大変嬉しいかぎりです。(3年、T.H)

Withering to death.
Fire Wall Division
2005-03-09
Dir en grey
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
人生の「鼓動」〜救われた一曲〜 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる