駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「デザイン・フェスタ」に魅了されて

<<   作成日時 : 2009/06/01 14:11   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 こんにちは。早くも6月になりましたね。GMS学部高ゼミ3年のT.Kです。先月16・17日に東京ビッグサイトで開催された「DESIGN FESTA VOL.29! 」というイベントをご存知ですか?僕は去年友達に誘われて行ったのをきっかけに、すっかりDESIGN FESTAの魅力に取り憑かれてしまいました。今回はこのイベントの様子を少しご紹介したいと思います。


インターナショナル・アートイベント


グローバル・メディア・スタディーズ学部  1994年からスタートした「DESIGN FESTA」(デザイン・フェスタ)は年に春と秋2回開催される、日本最大級のアートイベントです。今回でなんと29回目の開催になりました

 アート、ファッション、雑貨、映像、音楽、書道……

 表現方法やジャンルは一切問わず、オリジナルな作品なら誰でも出展できるし、審査もありません。

 このイベントは年々反響が大きくなり、今年の第29回目は、過去最高8,500人もの出展者を記録したそうです。

 日本のみならず、外国からも大勢の方が駆けつけてきています。今回はなんと35カ国以上のアーティストが出展したということです

 こちらは開催前に、主催者desingfestのYouTubeチャンネルで配信されたプロモーションビデオです



 開催中そして開催直後に、YouTubeにたくさんの投稿が寄せられました。会場の雰囲気が分かるこちらの動画をお楽しみ下さい




僕の一押し!


 Design Festaは大まかにショーエリアブースエリアミニシアターエリア野外ライブスペースレストランエリアの5つに分かれています。

 2日間のイベントですが、廻り切るのが大変なぐらい、たくさんのショーとブースがあります

 会場の雰囲気はとても自由で、出展者の方々も気軽に話しかけてきてくれますし、所々でライブペイントや生演奏、パフォーマンスをしています。

 たとえば、黄色いバケツを叩き鳴らしながら、所々のブースで出展者に絡みながら会場のゴミを掃除したり、たまに空いているスペースで、バケツのセッションパフォーマンスをしたりするバケツマスク集団(写真左)。

 こちらは派手な色の怪獣の着ぐるみを来て場内を徘徊する人(写真右)。もう、本当に面白くて変な人ばっかりです

グローバル・メディア・スタディーズ学部


 なかでも、僕が最も衝撃を受けたのは「ドラびでお」というアーティストさんです。

GMS学部 この方は映像を流して、それに合わせてドラムを叩いているのです

 いえ、正確には「叩いた音に合わせて映像が変化する」というのでしょうか。

 実際どういう設定かは見ただけでは判断できないのですが、シンバルを叩いたときに、ある映像のポイントに移動します。

 バスを叩いたときに再生。スネアを叩けば逆再生……といった具合に、恐らく出す音の音域で映像を操作しているのだろうと思います。

 時にはお笑いのようにウケを狙ったものだったり、映像と音楽を合わせて幻想的に世界観を構築していったり、政治や世界の現状を映像と音楽で独自の切り口や表現、メッセージを見せてくれたりなど……とにかく、衝撃としか言いようのないイベントでした。

 いかがでしょうか?こんなに多国籍で自由なDESIGN FESTA。興味が出ないはずありませんよね!

 ビールとピザを片手にライブを見るもよし。ブースで出展者と親交を深めるもよし。ミニシアターで驚いたり、ライブペイントに感動したり、お気に入りの服、雑貨を買うことも出来ますし、レストランスペースで世界中の料理を食べるのもいいかもしれません。

 次回のVol.30は10月24・25日の開催ですよー ぜひ一緒に楽しみに行きましょう(3年、T.K)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス
「デザイン・フェスタ」に魅了されて 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる