駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝ドラ効果、ヒシヒシ実感!

<<   作成日時 : 2009/06/13 22:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 こんにちは!GMS学部高ゼミ3年のI.Tです 。私は埼玉県川越市に住んでいます。もともと川越は「小江戸」と呼ばれ観光名所として有名なのですが、今年はより一層盛り上がりを見せています!その大きな理由は――そうNHKの朝ドラ「つばさ」です


朝ドラ初登場

 NHKの連続テレビ小説第80作目になるこの「つばさ」は川越が舞台となっており、ヒロインの多部未華子さんは、川越の老舗の和菓子屋の娘という設定です。

 今まで、朝ドラは各都道府県を舞台としてきましたが、埼玉県が登場するのは初めてのことで、その中でも川越が選ばれたことが嬉しいです。

 和菓子屋の設定ということで、もっとおしとやかなイメージを持っていたのですが、実際「つばさ」を見てみたところ、意外とコメディー性の強いドラマで、いい意味で騒々しいところがあり、面白かったです。

 一方、やはりドタバタしすぎて川越というイメージを壊してしまうのではないか、という意見もあるようです。

 しかし、好き嫌いとは関係なく、「つばさ」の放送は川越の町に大きな影響を与えていることは事実です。


「つばさ」効果抜群

 この写真は川越駅ナカのショッピングスポットEQUIA(エキア)で撮影したポスターです(左)。

グローバル・メディア・スタディーズ学部 GMS学部

 このように、私が毎日のように利用している駅では、あちこちに「つばさ」のポスターが貼られています。

 また、右の写真は商店街へと繋がるアーケードで撮影したものです

 「ようこそ つばさの舞台へ」というようなポスターや垂れ幕などもよく見ます。

 私は普段あまり意識せずに目の前を通ってしまうことが多いですが、町全体で盛り上げているのがよくわかります。

 「つばさ」にはところどころ川越の風景が映ります。その多くは蔵造りの町並みです。

 川越には蔵造りの町並みが今も残っています。蔵造りとは、江戸時代の町家形式として発達した耐火建築で、そこ一帯の家もお店もすべて蔵造りです。

 蔵造りは1999年12月には国の「重要伝統建築物群保存地区」に選定され、2007年1月には「美しい歴史的風土100選」に選定されています。

 ほかにも、川越のシンボルである「時の鐘」や有名な寺院である「喜多院」、懐かしい菓子屋や駄菓子が並んでいる「菓子屋横丁」などの観光名所も「つばさ」によく映っています。


小江戸巡回バス

 このような川越の観光名所を回る観光バスがあります。その名も「小江戸巡回バス」です

グローバル・メディア・スタディーズ学部 グローバル・メディア・スタディーズ学部

 以前はバス停に外国人観光客が並んでいるのをよく見かけていましたが、最近では国内客もずいぶん増えてきたような気がします。

 しかも、観光客の年齢層もさまざまです。NHK朝ドラは中高年世代に人気だと思っていましたが、若者や家族連れの方々もよく見かけるようになりました。

 このように、私が暮らしている川越がNHK連続テレビ小説の効果で、大勢の人が訪れるようになっているのは、とても素敵なことだと思います。

 川越の持つ歴史的な魅力を多くの人に知っていただけるきっかけになりますし、川越の町が活性化しイキイキしているのを感じられます!

 みなさんもぜひ、「つばさ」の舞台「小江戸川越」に遊びに来てみてください!(3年、I.T)

つばさ―連続テレビ小説 (NHKドラマ・ガイド)
日本放送出版協会
戸田山 雅司
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
朝ドラ効果、ヒシヒシ実感! 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる