駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ただいま試合中〜サッカー同好会のマネージャーとして〜

<<   作成日時 : 2009/11/21 14:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 こんにちは。高ゼミ2年のR.Tです。私は駒澤大学に入学する前からずっとサッカー観戦が好きで、大学ではサッカーサークルに入りたいと思っていました

 高校時代は女子高にいたこともあって、サッカーとは無縁な日々を送っていました。だからこそ、大学ではサッカーを見ていたい、マネージャーをやってみたいと思って、入学した当初は、サッカーサークルばかり探していました。


サッカー同好会

 駒大にはサッカーサークルが数多くありますが、私が入った「サッカー同好会」は1996年に設立された歴史あるサークルで、人数は現在60人ぐらいです。

GMS学部 ほかの大学の強いチームと対戦するほか、マガジン杯や、鹿島、波崎、草津合宿先での大会にも出場したりして、とても充実しています。

 ちなみに、は波崎合宿の試合中の写真です。

 マネージャーの主な仕事はプレーヤーのサポートです。たとえば試合中のボトルや救急バックの用意、スコアブックの記入、交代用紙の記入などです。もちろん、応援も大事な仕事の一つです。

 練習は週に1、2回程度で、授業の課題やアルバイトとも両立しやすい環境です。

 練習が終わった後や暇な日があると、サークルのみんなと食事に行ったり、ボーリングに行ったり、時には旅行に行くこともあります。それぐらい全学年で仲がよく、楽しい仲間の集まりです。

 
駒カップ

 私にとっての思い出深い試合といえば、駒澤大学内でのサッカーサークル対抗の大会「駒カップ」です。

 「駒カップ」は毎年2回、春と秋に開催されます。

 私たちサッカー同好会は人数が多いので、学年ごとに分かれて3チームで出場しました。

 今年6月に行われた春の駒カップでは、1年生チームは予選を突破したが、最終日の初戦で負けてしまい、3位決定戦や決勝戦に出場することができませんでした。

 彼らは悔しがっていましたが、経験も浅いので、これからどんどん成長を遂げてくれると思います。

 2年生チームは残念ながら3日目の出場権を逃してしまいました。

 私としては、同学年のチームが予選突破出来なかったことはとても悔しかったです。

 しかし、プレーヤーのみなさんは私たちマネージャー以上に悔しい思いをしたと思います。それが予選の試合後、彼らから伝わってきて、なんとも言い難い気持ちになりました。

GMS学部 一方、3年生チームは予選1位で通過し、決勝戦では4−1で圧勝し、見事に優勝することができました。は最終日の3年生チームの写真です。

 実は、3年生は前々回もその前年も準優勝でした。いつも惜しいところで負けてしまい、優勝を逃してしまっていました。

 やっと去年秋の駒カップで優勝を掴みとることが出来ました。今でも彼らが喜んでいた姿を覚えています。

 今年もその笑顔が見たいという一心で、精一杯応援していました。

 試合後、彼らは「1・2年のプレーヤーやマネージャーの応援が力になった、皆で掴んだ優勝だ!」と言ってくれて、私は少し目頭が熱くなりました。

 秋の駒カップはいま行われている最中です。嬉しいことに、サッカー同好会の3チームはともに予選を突破しました。

 準決勝戦や決勝戦は、いよいよ来週火曜(24日)・水曜(25日)の午前中に駒沢公園の補助競技場で行われます。
 
 みなさんもぜひ観戦にいらっしゃってください。熱〜い戦いが見られること間違いなしです。(2年、R.T)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ただいま試合中〜サッカー同好会のマネージャーとして〜 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる