駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「社会問題CM」初挑戦5〜「デートDV」〜(駒澤大学GMS学部高ゼミ2年生制作)

<<   作成日時 : 2010/02/25 07:39   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 こんにちは。GMS高ゼミ2年のN.Iです。2年生後期のグループワークはCM制作でした。前期のニュース番組制作とは違って、CM制作にあたって求められることを慎重に班員で話し合ってこの制作に努めました。

 前期で1つ映像作りを仕上げているものの、後期のCM制作は60秒以内の映像に仕上げるため、私たちの班は必要最低限の映像のみにカットして作り上げることが難しかったように感じます。


テーマは「デートDV」


画像 映像を撮る前に苦戦した1つ目がテーマを何にするかでした。

 最初は、過疎化が進む地域についてはどうかなどの案が出ましたが、1分間の映像にどうインパクトをつけて作っていくかを考え、最終的に「デートDV」に決定しました。

 「デートDV」とは、恋人同士での体、言葉、態度による暴力のことです。記憶に新しいドラマ『ラスト・フレンズ』はみなさんもご覧になったことがあるのではないでしょうか?

 最近はカップルの間でもDVがおこっている現状に気づかずにいる被害者がいることを受けて、テーマが決定しました。


いよいよ撮影開始!
 
 次に、どのように映像をつくっていくのかは最初にいろいろなアイディアを出して、イメージしたものとはかなり違うストーリー展開になりました。

 撮影を実際するにあたって、本当に撮影可能なのかという疑問がうまれたからです(笑)。

 最初の撮影は班員のお家にお邪魔して撮影させてもらいました。

 今回の映像のシナリオを演じるのも班員だったので、2人がどれだけ本当のカップルみたいに演じられるかとても大変だったと思います。

画像 特に、映像のメインとなるDVシーンを撮るのには、彼女に暴力を振るう彼氏役を演じるのに、実際に叩いて何回も取り直ししたことが印象深く残っています(写真)。

 彼氏役を演じる側の優しさと彼女役を演じる側の辛さのバランスが難しかったです。


早くも中間発表

 最初の撮影が終わって少しホッとしていたのもつかの間……中間発表でほかの班の映像に驚かされました

 完成度が高いほかの班の映像を見て、とてもいい刺激となりました。

 私たちは思い切って今まで撮った映像を見直して良くないところはカットし、付け加えるべき映像は取り直すと決めました。

 班員のみんなが撮影に真剣に取り組んでくれたおかげで、出来上がったものは最初に撮った映像とは全く違った雰囲気とシーンが加えられました。

 そして、私たちの班の映像につけたBGMは、なんと同じゼミの先輩が作ってくださったのです!

 そんなすばらしい先輩のおかげもあり、映像がより豊かに仕上げることができました。


一年間を通して

 高ゼミではこの一年でニュース番組とCM制作に取り組んできましたが、私にとってほぼすべてが初めての経験ばかりで、とてもいい経験ができた一年だったと思います。

 グループワークでもチームワークの大切さや、意見をはっきり言えるか言えないかがとても重要だと私は強く感じました。

 やはり、どんな場面でも、自分の意見を主張しながら相手の意見もきちんと聞き入れるということが大切だと学べた気がします。

 普段なら経験できないようなグループワークやプレゼンの機会に出会えたことは、とても幸運だったと思います。きっと高ゼミのみんなもそう感じているのではないでしょうか。
 
 私は撮影に加われる時間が少なくて班員のみんなにはとても迷惑をかけてしまったにも関わらず、みんなは積極的に撮影を進めてくれたおかげで、とても良いものに仕上がったことに感謝しています。

 最後に、後期CM制作にあたって協力してくださったみなさんに、この場をかりてお礼申し上げます。ありがとうございました。(2年、N.I)



デートDVってなに? Q&A
解放出版社
日本DV防止・情報センター
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

デートDV 愛か暴力か、見抜く力があなたを救う
ベストセラーズ
遠藤 智子 NPO法人全国女性シェルターネット(協力)
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス
「社会問題CM」初挑戦5〜「デートDV」〜(駒澤大学GMS学部高ゼミ2年生制作) 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる