駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ハマっているドラマ『素直になれなくて』

<<   作成日時 : 2010/06/04 13:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 こんにちは!GMS学部高ゼミ3年のM.Yです。学校が始まると本当に月日があっという間に過ぎていきますね。それだけゼミを含めて生活が充実しているのかもしれません。

 さて、今日は、私がはまっているドラマについて紹介したいと思います。


素直になれなくて

画像 もう見ている人は毎週欠かさずチェックしているのではないでしょうか?

 周りでもハマっている人が多数いて、次回はどうなるのだろうとこのドラマの話で、盛り上がっています。

 私は、北川悦吏子さんのファンで、『ロングバケーション』、『ビューティフルライフ』、『オレンジデイズ』、とDVDでもう一度借りるほど大好きな作品がたくさんあります。

 豪華なキャストもそうですが、日常的な若者たちの現在の恋愛を、どこか普遍的で、でも純粋に描く形が、ラブストーリーの女王と呼ばれるほど、彼女が若者女性に支持を得ている理由なのではないかと思います。


twitterを題材に

 個々に問題、悩みを抱えた男女5人が、ウェブ上に思いを140字以内の短いつぶやきを投稿するとそれを見る(フォロー)した人たちに自分のつぶやきが送られていくというtwitterを通して出会い、その後、5人が本当の仲間、友達になっていくまでを描いたのがこのドラマ。

 今話題のtwitterを題材にしたドラマということだけあって、放送する前から注目を集めていました。

 離れたユーザー同士が短いつぶやきを通してリアルタイムに状況を知ることができるところが、リアルな世界と違いコミュニケーションツールとして自由度も高く良いのかもしれません。

 ドラマも、掲示板(『電車男』05年フジテレビ)や、ブログ(『鬼嫁日記』05年フジテレビ)のようなネットを絡めた題材が多くなってきました。

 まだまだtwitterは誰もが、普段日常的に使うものではないです。

 私はしているのですが、まだまだ関心のある人達をフォローしているだけで、使いこなせていません。

 そのような人もまだまだ多いと思いますが、テレビドラマという影響力のあるメディアがこういったネットワークサービスを題材にすることによって、これから徐々に様々な方面で浸透していくのかなと思います。


これからに期待

 すななれ会(実生活ではなかなか素直になれないメンバーが集まる会)と呼ばれるtwitterで出会った5人がこれから、どのように成長し、発展していうのか楽しみです。

 ネットを通してのコミュニケーションが進むというと、自分の気持ちを直接人に伝えることができなかったり、マイナスな面もあるとは思いますが、そこは北川さんの過去の作品、ロンバケのような、純粋で、ひたむきに相手を思う気持ちを丁寧に描いてほしいと思います。

 まだ見ていない人もまだ遅くないですよ。木曜10時です。(3年、M.Y)


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ハマっているドラマ『素直になれなくて』 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる