駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 広告探しの旅

<<   作成日時 : 2010/06/10 19:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 初めまして、こんにちは!高ゼミ2年のN.Kです。先日、GMS学部の友達と2人で1泊2日の大阪旅行をしてきました。私にとっては約9年ぶりの大阪。何ヶ月も前からとても楽しみにしていました!


広告まで関西弁!

 
 実は、この旅行の主な目的は、大阪城ホールで行われるコンサートの観劇です。

 しかし、コンサートを楽しんでいる間も、私の頭の中には常に「ブログのネタを探さなきゃ…」という考えが渦巻いていました。

画像 どこかに大阪らしい広告がないものかとキョロキョロしていたところ、私の目の前にとても大阪らしい広告が現れたのです!それがこちら

 これは、私たちの泊まったホテルの最寄り駅の大阪駅構内で撮影したものなのです。

 この広告は大阪駅構内だけでも何か所も設置されており、なんと驚いたことに、コンサート会場の入り口にもあったのです!

 関西弁から始まるこの標語。生粋の横浜っ子の私にとってはとてもインパクトのある標語でした。

 この標語は、昨年度に大阪市消防局が大阪市内に在住または在勤、在学している人から「平成21年度大阪市防火標語」を募集し、全応募作品2,082点の中から特選として選ばれたものだそうです。

  この特選の他に7作品が入選として選定されていたのですが、そのうち2作品が関西弁を入れていました。

 やはりその土地の人たちに伝えたいことは、その土地の言葉を利用して伝えた方が伝わりやすいのだろうなと思った瞬間でした。


物語を語る地下通路

画像 関西弁の標語に感動しながらまた大阪駅構内をぶらぶら歩いていると、大阪駅桜橋口地下通路の壁が一面トリックアートになっているのを発見しました!

 このような面白いトリックアートが全長約70m、天井高さ約3mの地下道の両壁面と天井にたくさん並んでいて、欧米風のショッピングストリートが再現されていました。

 この地下通路を歩いて通るだけで、一つの物語を読んだような気分になれました。

 場所によっては、近隣の美術館などの広告がはめ込まれている個所もありましたが、すごく自然にはめ込まれていたのでそれらの広告もアートの一部という感じでした!

 このトリックアートは株式会社・エス・デーが制作、2002年に完成したものです。

 広告をはめ込むことができる、という斬新な広告掲載の演出が評価され、第36回財団法人日本サインデザイン協会SDA賞の準優秀賞を受賞したそうです!

 エス・デーは、JR大阪駅桜橋口の地下道以外にも、新潟県柏崎市の山肌、東京のJR両国駅などにもトリックアートを作成しているそうなので、ぜひ見に行きたいと思いました。

 今回は目的や予定が詰まっていたため、コンサート会場の最寄り駅と宿泊したホテルの最寄り駅にしか行くことができませんでした。

 次回大阪に行く時は、もっと行動範囲を広げてさらに面白い広告などを探してみたいと思います!(2年、N.K)

よくわかる広告業界 (最新業界の常識)
日本実業出版社
伊東 裕貴
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
広告探しの旅 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる