駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 十年ぶりの再会〜シドニー日本人学校同窓会〜

<<   作成日時 : 2010/10/24 22:15   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 こんにちは!高ゼミ3年のR.Tです。私は先日ちょっとスペシャルな同窓会に参加してきました。とてもいい時間だったので、今回は私の過去の経験とその同窓会について書こうと思います。


大好きな母校SJS

 私は父の仕事の関係で小学4年生の途中から中学3年生を終えるまでオーストラリアのシドニーに住んでいました。その間に一回転校したので2つの学校に通いました。

画像 小学4年生から中学1年生までシドニー日本人学校(Sydney Japanese School略してSJS)、中学1年生から中学3年生まで現地校のSCECGSRedlandsという学校に通っていました。

 初めてオーストラリアに行ったとき、英語はもちろん話せない状態で不安もあったので、日本人学校に行くことを決めました。

 シドニー日本人学校は、日本と同じ教育が受けられるクラスがあるのはもちろんですが、世界にある日本人学校で3か所しか取り入れていないインタークラスという現地の学校と同じ教育が受けられるクラスがあります。世界で唯一図工、音楽、体育の授業を日本人クラスとインタークラスの合同で行うユニークな学校です。

 大きなグランドが二面あり、夕方には野生のうさぎやポッサム、カンガルーなどが遊びに来るユーカリに囲まれた広々とした学校です。そんな環境で偶然出会った日本人の友達と一緒に過ごした日々は私にとってかけがえのない時間でした。


帰国してからの交流

 私が日本に帰国したのは高校入学と同時でした。日本人学校で一緒だった友達がほとんど日本に帰国しているにも関わらず、毎日部活動に没頭していたため、なかなか日本人学校メンバーに会えずにいました。

 しかし、高校を卒業して大学生になり、時間にも余裕が出てきて時々何人か声をかけて集まるようになりました。

 そうやって集まって話しているうちに、当時のクラスメイトに声をかけて先生も呼んで同窓会をやろうという話になりました。

 それから集まれるメンバーで話し合いを進め、会場の予約や、映像係、音響係、メンバーの出欠確認など役割を分担して準備を進めていきました。


10年ぶりの再会


 いよいよ同窓会当日になり、まだシドニーに住んでいる人や忙しくて来られない人などもいましたが、当時の担任の先生も来てくださり、合計22人集まりました。

画像 名古屋や大阪、神戸など地方から来てくれた人も大勢いました。中には10年ぶりに再会した友達もいて、最初はお互い緊張もしていましたが、話しているうちにいつの間にか落ち着くと思うようになっていました。

 やはり昔からの友達はほっとできる私のHOMEなのだと感じた瞬間でした。自己紹介をしたり当時の映像、歌っていた曲などを流して懐かしいと思ったり、とても心地よい時間でした。

 今まで高校の同窓会など参加してきましたが、やはりシドニーで出会った仲間は特別なのだと感じ、参加して良かったと思いました。


See you next time!

 そして、今度は同窓会ではなく、みんなで通っていたシドニー日本人学校を訪れようという計画を立てています。

 きっと皆で行く最初で最後の素敵な旅になること間違いなしです!こんな計画が出来るのも、大好きな仲間と出会えたのも全て貴重な海外経験が出来たからです。

 この経験を無駄にせず、大切な仲間と出会えたことに感謝しながら生きていきたいと、今回の同窓会を通して思いました。(3年、R.T)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス
十年ぶりの再会〜シドニー日本人学校同窓会〜 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる