駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS マイロの高ゼミ物語

<<   作成日時 : 2012/02/08 17:33   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 初めまして、オーストラリアのクイーンズランド大学4年生、マイロです。今学期、駒澤大学に留学し、幸いなことに高ゼミに入らせていただきました。日本に来てから4ヶ月しか経っていないのに、授業がもうほとんど終わってしまい、オーストラリアに帰る日がだんだん近づいてきています。

 今まで僕の面倒をみてくれた人たちのおかげで、東京での大学生活にもすっかり慣れて楽しい日々を送っています。友達がたくさんでき、高ゼミの3年生の皆さんと仲良くなって、忘れられない思い出がたくさんできたので、もうオーストラリアへ帰りたくないです。

 そこでこの機会に今までの高ゼミでの体験を振り返ってみたいと思います。


第一章:高ゼミデビュー

 来日5日後、早速学期が始まりました。初めて行った高先生の授業では内容がなんとか分かり、発言もちょっとだけできて達成感を味わいました。

 授業の後で高ゼミ生が高先生の研究室に連れて行ってくれて、そこで高ゼミの説明を聞きながら、パオのカレースパを食べ、高ゼミ生と一緒にしゃべって写真を撮りました。このように僕の高ゼミ物語が始まりました。

 ゼミの授業に初めて行ったときに聞いた、3年生の情報豊富なNews Watchingの発表が心に残っています。皆さんが一日、二日の間にあそこまで情報が集められるなんてすごいなと思いました。

 しかし、日本語でこんなにいい発表ができるかどうか自信がなく、自分のNews Watchingの発表の順番が来るのが怖かったです。しかし、発表当日までに準備を充分したので、自分なりの日本語でなんとか発表できました。

 2週目に3年生の懇親会に誘われました。

 そこでカナダへ留学する翠理君に初対面し、英語で彼に別れを告げました。翠理君へのお別れのビデオ以外にも、3年生たちは2年生の時に作ったビデオを流しました。

画像

 そのビデオも非常によくできていて、僕がクイーンズランド大学の授業で作った動物愛護協会のCMを思い出し、「あれよりも高ゼミの動画の方が絶対に優れている」と思いました。

 懇親会で皆さんと喋れてとても楽しかったです。その後はっきりとは覚えていないのですが、僕の寮の部屋が二次会の場所として選ばれました。

 二次会ではロンドンに留学しているゆうなさんとSkypeで喋って、初めてオールしました。予想通り、午前3時になったら眠たくなって、起きているのが辛かったです。


第二章:思い出深い動画制作

 その次の授業でビデオ制作の班が作られました。

 その班のメンバーは、風邪を引いていなければとてもかわいい声のさきさん、「サルの惑星からやって来た」という編集の天才だいすけ君、誰とでも友達になれるさおりさん、そして賢い班長、まいさんでした。

 メンバーは皆特技があって、この班に入って恵まれているなと思いました。例えば、さきさんは撮影や編集が上手く、だいすけ君は編集や人を楽しませることが上手です。

画像

 また、さおりさんは企画や原稿を書くのが特技で、まいさんは撮影や編集が上手いと思います。皆仲が良かったのでチームワークが非常に優れていました。

 この班のメンバーの特技を知った時、 僕は動画を作る役に立てないと思っていました。なのに、まさか自分が動画の主役になるなんて夢にも思いませんでした。

 最初撮影は辛くて大変でした。僕の日本語力不足で、さおりさんが書いてくれた台詞を何回も噛んでしまった。

 例えば、「私は潜伏している」という台詞を噛んで、「私は切腹している」と言ってしまいました。(><;)そのせいで僕の班は各シーンを撮るのに時間が掛かって、何度もNGシーンを撮りました。

 しかし、皆は我慢してくれ、最後にはいいシーンを撮れて達成感を得ました。

 皆のおかげで撮影が本当に楽しく、昼間にスーツを着てだいすけ君と一緒に駒澤公園を通って大学まで走ったことは撮影のいい思い出の一つです。

 撮影の後で編集を始め、それも撮影と同じくらい大変でしたが、皆で努力し、3週間くらいで動画を完成させました。

 その動画を見る度に、作った時の面白いエピソードを思い出して笑ってしまいます。

 このすばらしい班のおかげでいい動画が作れたので、オーストラリアに住んでいる家族や友達に早速この動画を見せたいです。

 このブログを読んでいる皆様もぜひ高ゼミのYoutubeチャネルでご覧ください!


第三章:感謝の言葉

 「光陰矢の如し」というように、高ゼミに入ってから4ヶ月があっという間に過ぎてしまい、もうすぐ帰らなければならないので、悲しくてたまりません。

 高先生と高ゼミの3年生の皆さんの優しさのおかげで、高ゼミで忘れられない思い出がたくさんできました。皆さんと仲良くできて、本当の高ゼミ生になったようでした。

 できれば3年生の皆さんと一緒に春学期に4年生になって、もう一年間高ゼミ生として勉強したいくらいです。これから皆さんに期末試験や就職活動を頑張ってほしいと思います。

 高先生と高ゼミの3年生の皆さんに心から感謝しています。また将来皆と絶対に再会したいです!

 ずっと前から思っていたのですが、やはり高ゼミは最高ですね。(3年、マイロ)



関連記事:
ロングCM「宇宙人ニールの地球震災調査」(GMS学部高ゼミ3年生制作) 2012/01/13
高ゼミ三年生の絆 2011/10/27

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス
マイロの高ゼミ物語 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる