駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国芸能界の独特なファン文化

<<   作成日時 : 2012/02/16 19:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 みなさん、こんにちは。高ゼミ3年のN.Kです。今回は私が今ハマっている「韓流」について少し違った視点からブログを書きたいと思います。


韓国のギョーカイ事情
画像

↑私の部屋の一角です(笑)。

 今回注目したのはタレントさん達の「食事です!

 皆さんはよく日本のバラエティー番組などを見ていて、タレントさん達が「どこのロケ弁が美味しい」とか「今日楽屋にあったお弁当が美味しかった」という風に話しているのを聞いたことがありませんか?

 日本ではテレビ局やロケ現場でタレントさん達が食べるお弁当がテレビ局や番組制作側から出るのが普通だと思います。しかし韓国のテレビ局やロケ現場ではそういった食事は支給されないのです。

 当然収録が短時間だから食事が必要ないという訳ではありません。ドラマはもちろんのこと、バラエティー番組や歌番組もとにかく収録時間が長い韓国。

 ドラマの収録時間については聞いたことのある方もいると思いますが、韓国では放送当日になってもその日放送するシーンの撮影をしていることがありますし、最終回も当日まで撮影をすることがあります。

 日本のドラマのほとんどは最終回を放送する日のかなり前に全ての撮影を終えている場合が多いですよね。それは日本では1年くらい前から俳優のスケジュールを抑え、企画をし始めるのでかなり余裕を持って撮影をすることができるからです。

 しかし、韓国では企画を先にして、4話ぐらいまでの台本ができあがった放送開始の3・4ヶ月前からやっとキャスティングをし始めます。

 しかもコストの関係上企画から放送までの期間が極端に短いので撮影開始は放送開始の1・2ヶ月前になり、そのせいで韓国のタレントさん達は1日も休まずに毎日朝早くから夜遅くまで撮影をしているのです。このため、本来のグループ活動から一人離れてしばらく俳優業に専念するアイドルも少なくありません。


撮影現場に現れる一台の・・・


 このような感じでただでさえスケジュールが押しているのにもかかわらず、忙しいときは食事もとらずに撮影を続ける日本とは違って、韓国では食事の時間になると撮影がストップします・・・(苦笑)そのぐらい韓国で「食事」というのはとても大事なものらしいです。

 韓国には中国と同じように冷えたご飯を食べるのをよしとしない文化があるため、先程も言ったようにロケ弁などの支給はありません。

 では、韓国のタレントさん達はどのようにして長時間にわたる収録中の食事を確保しているのでしょうか?

 もちろん簡単に出前を取ったり、皆で近くの食堂に行ったりすることもあるようですが韓国のロケ現場で有名なのは「パプチャ(밥차)」と呼ばれる軽トラックです!

 「パプ(밥)」はご飯、「チャ(차)」は車という意味です。タレントさんやスタッフさん達はこのパプチャでできたての温かいご飯、スープ、おかずを好きなだけ食べられるのです。


우리가 서포트를 해요!

 実はこのパプチャ、タレントさん達のファンが提供していることが多くあります!韓国では各タレントのファンサイトで寄金を募ったり、作ったグッズを売ったりしたそのお金でタレントさんとスタッフさん達を「サポート」するという文化が根強くあります。

 ファンによるサポートは食事だけでなく舞台やドラマの成功を祈って米輪・花輪を送ったり、誕生日にプレゼントをあげたりと形は様々で、食事に関して言えば、ドラマ撮影現場にパプチャを提供したり、テレビ番組収録やラジオ番組収録、舞台、舞台の稽古場などに食事・お菓子・飲み物を差し入れたりします。

 しかも、それをタレントだけではなくて周りのスタッフの分までも用意するので、一度に100人以上分の食事を用意しなければならないこともあります。

 私も先日、とあるグループの音楽番組出演に伴うサポート企画に参加してメンバー宛てに手紙を書きました。

 この企画には私の他に約70名ほどの日本のファンが参加し、私たちの手紙は韓国のファンの方が用意をした食事サポートと共にメンバーに届けられました。

画像

 昨年の5月から大学の授業で韓国語を習い始めたばっかりなので参考書やインターネットの翻訳機などを使って一生懸命書きましたが、手紙には間違がたくさんあったと思います。

 でも、数人のメンバーがツイッターやブログで「サポート受け取ったよ」、「ありがとう」という言葉を書いてくれたのを見た時は本当に嬉しかったし、国を越えてたくさんの人たちと「우리가 서포트를 해요!(私たちがサポートをするよ!)」という強い気持ちを共有できた気がしてすごく達成感がありました。

 これからもサポートにたくさん参加して彼らを応援していきたいし、ただ単に趣味として韓流を見るのではなく、このような日韓の文化の違いに注目していきたいと思います!(3年 N.K)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
韓国芸能界の独特なファン文化 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる