駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 社会問題CMに初挑戦1〜「あやつり人形」(駒澤大学GMS学部高ゼミ3年生制作)

<<   作成日時 : 2012/07/28 13:27   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 こんにちは。高ゼミ3年生の小坂です。前期のグループワークとして、社会問題CMを制作しました。私達のCMは、最近私達の生活に広く浸透しているSNSに溢れる情報を、鵜呑みにしてはいませんか?と問いかけるテーマとなりました。


さっそく撮影へ

 もともとの案は、テレビやインターネットなどのメディアから得た情報を信じ込み実行していくうちに自分を失い、どんどん現実性のない情報まで信じてしまうというものでした。
画像

 具体的には、テレビを見てトマトダイエットを知り、お店からトマトを買い占め帰る女子学生、そして地球滅亡を知らせるtwitterの書き込みを見て大慌てで友人に知らせに行く男子学生が登場し、それぞれある日自分が情報に操られていたと気がつくという内容です。

 撮影した映像を班長のゆっきーを中心に編集し中間発表に臨みました。しかし…

 中間発表の悲劇!!

 この時点で、最終的に見ている人にどのように訴えかけるのかという結論が、私達も不明確なままでした。

 そのため高先生やゼミの仲間たちから、「これでは何が言いたいかわからない。ただだらだらと物語が展開しているだけだ」など、厳しくも貴重な意見を頂き、ここで思い切ってCMのシナリオを考え直すことに決めたのです。


新しい案へのこだわり

 「操られると言ったら操り人形。」

 操り人形と言えば糸。その糸が切られてしまったら人形は動くことが出来なくなります。逆に言えば糸を切ってしまえば自由に動くことが出来る…そう!情報を糸とし、情報に操られる人を操り人形に例えよう。

 そして、「自分を操る糸を切り、自らが判断して行動できるようになろう」というメッセージにしようと決まりました。

 とは言っても、それをどうやって撮影しようかが問題でした。実際に人形を作って動かすなど様々な案がありましたが、最終的にメンバーのゆきが演じることに決定(^^)/

 撮影場所はなんとカラオケの部屋!100円ショップで懐中電灯や鏡を買いそろえ、少し怖い雰囲気を出すために照明にもこだわりました(笑)

 情報に操られるゆきの心の変化を表す、音楽や編集にも注目です!


力を出し合ったCM

 話し合い中に話しが脱線したり、なかなか集合時間にメンバーがそろわなかったりなど、どうなることかと思うこともありました(>_<)
画像

 しかし、アイディアを出す人、演技をする人、編集をする人などしっかりと役割分担が出来たチームだったと思います。

 班長ゆっきーのように、クールでありながら熱い、記憶に残るCMとなりました!

 是非私たちのCMをご覧下さい(^o^)/ (3年、小坂)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた
社会問題CMに初挑戦1〜「あやつり人形」(駒澤大学GMS学部高ゼミ3年生制作)  駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる