駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS Great life in Toronto!!――トロントでの一年間

<<   作成日時 : 2013/01/07 15:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 こんにちは!高ゼミ3年?4年?自分の現状がよくわかってないキモロン毛ことすいりです。なぜ自分の学年すらわかってないかというと、去年度の後期から駒澤大学を休学しカナダのトロントに語学留学に行ってきました。

 今後期から復学することになりましたが、一年ぶりの大学の授業に若干の戸惑いを感じています。長期間海外で生活することは初めてで、外国人の友達を作ること、海外を一人で旅行するなど最高に刺激的な留学生活だったと思っています。今回のブログでは僕の留学生活について書かせていただこうと思います。


トロントでの生活

 日本を出発する直前に知ったことなんですが高ゼミ4期生のひろみも去年の夏にトロントに留学していて、しかも通っていた学校が一緒だったんです!!

 さらにさらに、偶然にも高ゼミの大先輩であるばっちょさんもワーキングホリデーでトロントに来て、僕と同じ学校に通っていました。世界も案外狭いんだなと感じました。

 学校の名前はILAC。この学校はトロントでも一番規模の大きい学校で世界中から英語を学びに学生が集まっていました。
画像

 僕の感覚では特に日本、韓国、南米の国々から学生が特に多く集まっているような気がしました。

 学校内では英語しか喋ることが許されなく、授業中に母国語を喋ろうものなら教室からつまみ出されます。そんな中でどっぷりと英語漬けの生活を送ることができました。


同年代の外国人の友人たち

 今回留学するまで僕は外国人の友達はいませんでした。

 だが、今回数多くの同年代の外国人の友達を作ることができ、彼らと英語で拙いながらもコミュニケーションとり多くの時間を共有できたことは僕の大切な思い出です。

 日本でも最近流行っていますが海外でのFacebookの普及率はとても高いです。トロントにいたころから連絡は基本的にFacebookでとっていました。

 海外に行ってからSNSの凄さを感じました。多くの友人たちは各々の国に帰ってしまっていますが今後とも彼らとは連絡を取り続けたいと思っています。


留学をしてみて

 今回留学をしてみて英語の向上だけでなく多くの事を学ぶことができたと思っています。

 特に半年間シェアハウスに住んでいたので掃除、洗濯、自炊などは実際に一人で暮らしてみてできるようになりました。親の偉大さというものを実感しました。

 あと、人の性格は十人十色とは言いますが、やはり国民性というものはあってそのあたりでもいろいろと考えさせられることは多かったです。

 韓国や中国などは日本から近いので文化なども似通ったところも多いのですが、やっぱり外国なんだなと感じることも多かったです。

 僕は留学をしてたくさんの物を得ることができたと思っています。そして長期の留学ではなくても短期留学でも旅行でも日本人はもっと海外に出るべきなんじゃないかと思いました。アメリカ旅行で見たあの空の広さは日本では見lられないです。

 最後に皆さんに少しでも海外に興味を持ってもらうために一枚写真を載せたいと思います。

 それではさよーなら!(3年、S.I)
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
Great life in Toronto!!――トロントでの一年間 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる