駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ショートフィルムに初挑戦「高様のブランチ・駒澤大学学食特集」(駒澤大学GMS学部高ゼミ2年生制作)

<<   作成日時 : 2013/04/01 20:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 こんにちは、今日から3年生になりましたM.Mです。昨年後期のグループワークで、私たちの班は、学食、食堂のメニューを用いてランキングと高先生の高という文字を掛け「coffee」ならぬ「koffee」のCMで、一つのランキング番組を作成しました。

 前期では、テーマが「社会問題についてのCM」と決められていたため、その中からお題を探していく形でしたが、後期はテーマが自由で尚且つ前期よりも長い5分間でのショートムービーだったので、まず何をどのように撮るかというところから始まりました。


テーマの選定に四苦八苦

 テーマが自由となると何でも良いわけですが、型にはまっていないため逆に難しく案も固まらず、かなり煮詰まっていました。

 最初有力だったのが、アドマチック天国という番組を元に駒澤周辺の店や公園を紹介するような映像でしたが、撮影するアポイントを取る必要があることや伝えたいものがこれといってなかったりとしたため、却下となりました。

 次に出たのが、喧嘩中のカップルが喫茶店でコーヒーを飲み、喧嘩の話し合いのたびにコーヒーを置いていき気づいたら仲直りのきっかけになるような絵を作るといったラブストーリーの案でした。

 しかし、撮影場所と絵を作成する手間を考えたら難しいとなり、またしも却下となりました。

 そんなこんなで、しっかりとした案がないまま気づけば中間発表時期になり焦った私たちは、歩いていて適当に投げたゴミがゴミ箱に入るや、授業中、後ろの席の人に借りた消しゴムを前向きの状態で投げたら、見事に筆箱に入るなどといったような、日常生活でちょっと頑張れば有りうるバカッコイイ映像集という案を思いつき、その方向で話が進みました。

 しかし、5分間という時間でそれを淡々と流していても途中で飽きてしまうなどというような理由で、却下となりました。

 班員は4人と少なかったですが、面白い案を考えだしてくれる班員がいたので、ユニークな案は出るがどこか物足りない、またはつまらないという理由で却下されるの繰り返しで完全に煮詰まってしまっていました。


150秒の長尺CMにご注目を

 そんなとき、何気なく出たのが、お願い!ランキングという番組です。

 オープニング、CM、ランキング、CM、エンディングで5分という尺が持つので、確定しました。

 CMはただのCMじゃ面白くないので、始まるという意味のSTARTとすばやいという意味のSMARTの中のARTをピックアップし、番組の始まりを表すSTART(始まり)とSMART(すばやい)バカッコイイ映像を用いたCMとコーヒーの染みを使い、ARTをつくるCMを作ることにしました。

 CMの内容も過去の案を参考にしたので、煮詰まっていたあの時期も無駄ではないと思えました。
画像

 ランキングは喫茶パオと食堂の人気メニューを調べ、それを撮影し自分たちが実際に食べて、コメントをいれるだけだったので、そこまで難しくはありませんでしたが、CMは全て外での撮影だったので、風や天候のせいでなかなか思うようにいきませんでした。

 最終的にCMはコーヒーのCMだけが採用されましたが、サイレントでレトロなCMというところをポイントに仕上げました。

 こうして、私たちのCMが無事完成したわけですが、ナレーターなど他の班員の方達にも協力してもらいました。


反省点

 今回、私たちが反省するべき箇所は、なかなかテーマの設定が決まらなかったことと、案を出すにしても、実現可能な案をもう少しはやく出すことだったと思います。

 また、私たちはランキング番組として映像は完成させましたが、私たち以外の班は全て物語の映像で、実際に見せてもらい比較したときに物語のほうが見ごたえがあったので、今度映像作成する際は、物語を挑戦したいと思いました。来年度も頑張りたいです。(3年、M.M)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ショートフィルムに初挑戦「高様のブランチ・駒澤大学学食特集」(駒澤大学GMS学部高ゼミ2年生制作) 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる