駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ひとり映画

<<   作成日時 : 2015/01/04 16:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 明けましておめでとうございます。高ゼミ2年のしのです。みなさんは、お正月をどうお過ごしでしたか?私は、家でゆっくり箱根駅伝を観て、もちろん、駒澤大学を応援していました。惜しくも2位でしたね。少し悔しくもありましたが、選手の方々に拍手を送りたいです!

 2年生としてのゼミの活動も終盤。毎回のゼミで、みんなが発表するNews Watchingにより、いろいろなニュースについて詳しく知ることができ、最近物知りになった気分でいます。(笑)

 さて、こうして私は高ゼミ生として活動しているわけですが、私がこのゼミに入りたいと思ったのは、映画が好きで、映像制作に興味があったからです。ということで、今回私は、映画について書きたいと思います。


ひとり映画

 私が映画を好きになったのは、大学生になってから。きっかけは、好きな俳優が出ている映画を、めずらしく映画館にひとりで観に行ったことでした。
 
 そのときから、映画館の雰囲気の良さと、映画のおもしろさに取り憑かれ、「平日のお昼にひとりで映画を観に行く」という新たな趣味ができたのでした。
画像


『横道世之介』

 ここで、私が一番好きな『横道世之介』(2013)という映画を紹介します。

 高良健吾さん演じる主人公の世之介は、裏表が無くて、マイペースで、どこか抜けている…そんな長崎から上京してきたばかりの大学一年生。

 あらゆる人々と出会いながら、サークルに入ったり、アルバイトをしたり、と平凡な(?)大学生活を送るのですが、世之介とかかわった人たちは、みんな「アイツに出会えてよかった」「アイツと出会えたことは、(あいつのことを知らない他のみんなより)ラッキーだったな」とあたたかい気持ちになります。

 なぜなら、あんなに真っ直ぐなひとは、普通はいないからです。

 そのあたたかい気持ちを私たち観客におすそ分けしてくれる、のんびりしていて、でも声をあげて笑ってしまうほどおもしろくて、元気の出る『横道世之介』という映画、ぜひみなさんにも観て欲しいです。
画像

 初ブログということでしたが、好きな映画について、思う存分語らせていただきました。

 「映画をひとりで観に行くなんて無理」と思っている方も、ぜひ「ひとり映画」行ってみてくださいね!

 2015年、あらゆることに挑戦したいと思います。一番の目標は外国に行くことです。

 みなさんにとっても、2015年が素晴らしい年になりますように。(2年 しの)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ひとり映画 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる