駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ショート・フィルム「幸せのカード」(駒澤大学GMS学部高ゼミ3年生制作)

<<   作成日時 : 2016/02/19 17:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 みなさん、こんにちは!高ゼミ3年ぽんこつリーダーのうかです。今回私たちは2回目のショートフィルム制作を「しあわせ」というテーマで行いました。


可愛くておしゃれな映像を

 私たちは唯一の女子チームということで、女子らしい、可愛くておしゃれな映像を作ろうと意気込んでいました。そこで出た案が「ポジティブな面とネガティブな面を持った女の子の1日」と「女子会」の2つでした。
画像

 一人一人が個性的な女子を演じ、カフェでお話するトーク番組風に“女のしあわせ”とは何かについて語り合う「女子会」案が面白いかなと思い、話を進めていきました。

 しかし、あまり映像が変わらないという点と面白い台詞がなかなか決まらず、見ている人を飽きさせちゃうのでは?ということで、女の子の一日を映像化することに決めました。


しかし、つまずく

 撮ると決まればキャスト選び!このメンバーなら主役は誰にでもできると思い5人で投票をしました。

 その結果、私うかが主役を演じることになりました…不安もありましたが、Teamうかは皆協力的で、撮影時は比較的全員揃っていたので皆で意見を出し合いながら撮影することができました。
画像

 順調に撮影は進んでいきましたが、ある時、気づいてしまったのです。

 「ポジティブとネガティブを比べて何を伝えたいのだろう…?」

 考えれば考えるほどわからなくなり、再び会議をし、一度白紙に戻しました。

 そして、何かモノを使おうという案が出て、思いついたのがカード!カードで日々の選択を行っているネガティブな女の子が、ある日恋をしてポジティブで明るくなっていく。というストーリーでまとまり、全部撮り直しを決めました。

 恋愛ものと決まれば、さすが女子チーム。

 きゅんきゅんするストーリーが出てくる出てくる!!全て書きだし、うまくまとめることができました。そこで気が付く、男の子がいない!!ということに。


助けてくれたのは…

 恋をする相手をどうするのか、ゼミの男性陣に声をましたが、やはり都合が合わなそう…そこで彼氏に相談してみると、快く「俺やるよ!」と言ってくれました。

 この時ほど彼を頼もしいと思った瞬間はありません。ストーリーもキャストも揃い、いざ撮影。

 急なストーリー変更だったため、朝から夜まで使い、一日でほとんどの映像を撮り終えることができました。

 大学・駒澤公園・二子玉川と巡り、本当にくたくたになりましたが、きれいなイルミネーションも手助けをしてくれて、満足のいく映像を作ることができました。

 私たちは今回で最後の映像制作となりましたが、本当にチームの協力が大切だということを実感しました。

 出演してくれた彼氏にも本当に感謝しています。皆の気持ちのこもった最後の映像、何回も何回もみてください!!(3年、うか)


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ショート・フィルム「幸せのカード」(駒澤大学GMS学部高ゼミ3年生制作)  駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる