駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ショート・フィルム「幸せの50%」(駒澤大学GMS学部高ゼミ3年生制作)

<<   作成日時 : 2016/03/02 20:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 みなさん、こんにちは。高ゼミ3年のしょーへーです。3年生である自分たちにとって、今回の映像制作は最後の映像制作でしたが、無事に完成させることができました!テーマが「しあわせ」ということで、初めはとても難しいかなという印象でしたが、僕たちも今回の映像制作で3回目ということで、扱いたい題材(心理学教授の説)やストーリーなど、4人で協力して、撮影、編集共に順調に進めることができたと思います。

 ストーリーとしては、「しあわせ」=ハッピーエンドじゃなく、他の班とはまた違ったものを作りたい!!と思い制作を進めてきました。そこにも注目してもらいたいです!

順調なはずが……

 今回苦労した点としては、ストーリーの落としどころです。

 ストーリーの流れや配役が順調に決まったため、ストーリー設定にかける時間が多かったのですが、逆に設定に凝ってしまったのが止まらなくなり、時間に収まるのか?、これ矛盾してない?など、自分たちでもストーリーについてよく分からなくなる事態になってしまうことがありました。

 最終的には自分たちなりにまとめることができましたが、最初の設定とはだいぶ変わったので、この部分で改めて、映像制作の難しさを感じました。


高ゼミしょーへー班ファッションショー

 今回の映像制作を通して、メンバーが口をそろえて大変だったというのが、撮影での衣装についてです。

 ストーリーの設定上、出演するねねとぽぬには、様々な衣装を着てもらわないといけませんでした。
画像

 お金持ちそうなコート、貧乏そうなコート、就活生のリクルートスーツ、貧乏感を出すための丸眼鏡やファー付きマフラーなど、メンバーの私服をかき集め、同じ日に撮影を行ったので、女子メンバーは荷物いっぱいで撮影に臨んでいました。(笑)

 主演のねねには、撮影の途中で、黒スプレーで髪を黒くしてもらうなどの役作りまでしてもらい、一人衣装も変わらない自分は申し訳なかったです。(笑)


最後に

 大変だった撮影を乗り越え、無事にいい作品が出来たのはないかと思います。初主演のねねが、悪女に変わっていく演技やしんみゆ演じる謎の女性、友情出演したあのメンバー!?など見どころ満載の映像になっていると思います!!

 制作全体としては、大きなハプニングにも襲われず、今までの映像制作の中でも一番順調に進めることができたのではないかと思います。

 今回班長としてやらせてもらい、この題材を使いたい!など、結構好きかったやらせてもらえたのも、ねね、しんみゆ、ぽぬの3人のメンバーのおかげです。
画像

 これが最後の映像制作と思うと、寂しい気持ちもありますが、とても楽しい映像制作にすることができました!みんな、ありがとう!!(3年、しょーへー)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ショート・フィルム「幸せの50%」(駒澤大学GMS学部高ゼミ3年生制作) 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる