駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 20歳を迎えて

<<   作成日時 : 2017/01/22 11:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 どうも、初めまして!! 高ゼミ所属、GMS学部2年のベジです!いつか自分でもブログを書いたり、記事を書いたりしたいなと思っていたので、この高ゼミブログに載せるこの記事は私の夢への一歩だと思っています。(∩´∀`)∩
今回は20歳を迎えて過去を振り返った時、私が思ったことを皆さんにお伝えします!


教える立場

 私は昨年、大学入学が決定後すぐに塾講師のアルバイトを始めました!

 特別な理由ではなく、知り合いが辞めるため、後釜を探しているという誘いを受けたことから始まりました。

 今までは教わる立場だった自分が今度は教える立場に。もちろん不安もたくさんありましたが、わくわくの気持ちの方が強かったですね!

 ですが実際、始めてみると困難の連続。精神的にもきつくなり、辞めたい辞めたいと毎日のように思っていました。

 しかしそんな私には辞められない、辞めたくない理由がありました。

 …それは自分の生徒たちです。担任を持った子は1年間で3人だけでした。

 しかし各教科担当として何人もの生徒を受け持ち、そのほとんどが大学受験、高校受験を控えた子たちでした。
 
 たったひとりでも私の授業をわかりやすいとか、面白いとか思ってくれる生徒がいる限り私は辞めないで、最後まで見守ろうと思っていました。


思い出

 塾講師の同期はおよそ30人。先輩方を合わせて50人余りの講師で200名を超える生徒を受け持っていました。その先輩方や生徒との交流も含め、私のいた塾ではたくさんのイベントが企画されました。

 新人講師の歓迎会はひとりと忘れずに行い、「㊚旅」と呼ばれる男性講師による箱根旅行、「不定期レク会」と呼ばれるフットサルやバドミントン大会など、思い出がいっぱいです・・・。

 そして中でも思い出にあるのは、私の誕生日会です!

 生徒や先生方から祝福され、たくさんのプレゼントをもらいました・・・。

 生徒からはプリンが7種類くらい…。嬉しくてその場で食べ干したらその後の授業中はずっと口の中がキモチ悪かったなぁ……。そして私が

 一番好きな社員さんから、ずっと欲しかったものを頂けました!

 それがこちらです!!
画像

 初めてのバイトでこんなにも愛されるなんて、なんて幸せなんだろう。


別れ

 しかし私は今年の9月、正式に塾講師を辞めました。

 理由は今後の自分の活動時間を増やすためでした。多種多様なものに触れ合うためにはどうしても辞めなければ、時間を取ることが難しかったからです。

 もちろん今年、担任を受け持った子たちもいますし、去年高校受験を見た子は大学受験に向けて頑張っていたので、かなり悩みました。

 でも、生徒たちは皆(ふざけ半分でも)私のことを理解し、辞めることに対して何も言いませんでした。

 その生徒たちに私は感謝を込め、お礼を言いたいと思います。

 ありがとう。

 そしてこれが私の宝物です。
画像

 私に勇気をくれ、後押ししてくれました。

 この手紙を読むたびに、また一歩、一歩と頑張ろうと思えます。

 人が成長するのは、やはり出会いですね。

 これを読んだ皆さんにもきっと素晴らしい出会いがありますように。(2年、ベジー)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
20歳を迎えて 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる