駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 音楽とギターとの出会い

<<   作成日時 : 2017/02/05 18:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 はじめまして!高ゼミ10期生になりました光です。ちなみに読み方は「ひかる」です。「ひかり」ではありませんよ(笑)。初めてのブログなので、何から書こうか迷っていましたが、大学から始めた音楽やギター、そしてそれらから繋がり始めた人間関係について書いていこうかと思います。


ギターとの出会い
 
 自分は父親の影響か、音楽、特にロックがもともと大好きでした。

 しかし、大学生になるまでなかなかギターを触れ、バンドを組むという機会に恵まれず、このまま過ごしていくのかなと思っていました。

 それから大学に入って様々な友人ができ、友人の誘いを受けバンドサークルに入りました。

 そして、そこでもまた多くの友人や先輩方に出会い、バンドを通じてさらに仲良くなりました。

 さて、肝心のギターとの出会いですが、音楽初心者なのでまず比較的とっつきやすいと言われるギターから始めようと思い友達数人と御茶ノ水で楽器屋巡りしていたところ、目を引くカッコいいギターが…!!
画像

 俗に言う一目惚れでしたが、少々予算より高いものだったので最初は諦めていました。

 しかし、様々なギターを試奏してみましたがどれもイマイチでピンとくるものが見つかりませんでした。

 そこで思い切って一目惚れしたギターを試奏してみたところやっぱりこのギターがいいと感じ、その場で即決しました。ちなみに友人からのお墨付きで、羨ましがっていたほどでした。


新しい音楽との出会い

 ギターと出会い、そこからまた新たな友人関係や今まで聴いていなかったジャンル、アーティストの音楽との出会いにもつながりました。

 今ではヒップホップからハードロック、またはメタルまで聴くようになりましたね。自分でもこの守備範囲は驚いています。

 また昨年の夏にはROCK IN JAPAN FES.2016に友達と行きましたね。
画像

 様々なアーティストの演奏、パフォーマンスが見られて夏フェス特有の楽しさを満喫できました。

 自分が注目していたアーティストは、NICO Touches the Wallsという中学生の時から好きだったバンドでした。昔からそのバンドのライブに行きたかったので感慨深かったです。

 音楽から様々な教訓や出会いを受け取り、同時に苦悩や挫折を味わうこともありました。

 時には、ギターを投げ出して逃げたくなったこともありました。

 しかし、それらを超えてもやはり音楽とギターは大好きなままで変わらず、逆に頑張っていこうという意欲が湧いてきました。

 なので、これからもギターを弾き、ライブやフェスに行って音楽を味わうのは変わらないでしょう。(2年、ひかる)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
音楽とギターとの出会い 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる