駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 飽き性が続けられたもの

<<   作成日時 : 2018/01/04 10:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 皆さんこんにちは!高ゼミ生になりました、2年のあすかです。群馬から毎日2時間かけて駒澤大学に通っています!今回は超絶飽き性の私がずっと大好きなものについて紹介させて下さい。私の大好きなもの、それはソフトボールです。小学2年生から高校までの11年間続けました。

 小学生の時にソフトボールクラブを見学したことがきっかけです。
画像

 単純なので、褒められたのが嬉しくて入団は即決でした。


焼きおにぎり

 中学は小学校からの流れでなんとなくソフト部に入部しました。

 中学の顧問の愛称は、真っ黒に日焼けしていて坊主であったため「焼きおにぎり」。(笑)

 この顧問は本当に怖かったです。(本当に)

 練習も大変で特に「地獄ノック」と呼ばれるノックは過酷でした…。

 辛い練習をさせる怖い顧問。大嫌いでした。(笑)

 「ふざけんな、焼きおにぎり…」とか思っていましたね。(笑)

 しかし、この顧問とのソフトボールがあったからこそ、努力すること、全力で取り組むこと、挑戦しつづけることの
大切さを学べました。

 今ではこの顧問は私が最も尊敬できる先生であり、中学時代のソフトボールが私の一番の財産です。


奇妙な合言葉

 高校のソフト部では顧問の提案により練習中でも試合中でも、良いプレーをした時、悪いプレーした時は、必ず「よっしゃ〜!」と大声で叫ぶのがルールでした。(笑)

 意外と楽しかったです。(笑)

 失敗してもすぐ切り替えられるので、良かったらぜひやってみて下さい。(笑) (注意:周りの人に変な目で見られます。)

 環境への対応の仕方やポジティブな姿勢を教えてくれたのは高校のソフトボールでした。


6回の骨折

 そんなソフトボール時代で私は怪我をしまくりでした。

 小学校で1回、中学校で4回、高校で1回。計6回も指を骨折しました。(笑)

 3回目ぐらいから感覚で「あ、折れた」と分かりました。(笑)

 怪我の間は試合に出たくてしょうがなかったです。

 好きなことができるというのがいかに恵まれていることか、すごいことか、怪我したことで実感させられました。
怪我も良い経験だったと思います。

 さすがに6回はやりすぎですが。(笑)


大学生になってからも

 たまに小学校で入団していたクラブに行き、ちびっこたちとソフトボールをしています。
画像

 飽き性の私がソフトボールを継続できたのは新しい発見や関わりがあり、多くのことを学べたからだと思います。

 ここから学んだことを大学生活で活かしながら、新しいことにもどんどん挑戦していきたいです!

 最後まで読んで下さりありがとうございました。(2年、あすか)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
飽き性が続けられたもの 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる