駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 勝手CMに初挑戦「ごきぶりホイホイ」(駒澤大学GMS学部高ゼミ2年制作)

<<   作成日時 : 2018/03/08 21:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 皆さん、こんにちは!高ゼミ2年のりんりんです!今回、私たちは勝手CMに初挑戦しました。選んだ商品は、なんと「ごきぶりホイホイ」!!!選んだ商品もさることながら、個性の強い班員と共に製作を進めていきました。ここで、少し私たちのドタバタ製作エピソードについて話していきたいと思います。


集まれない!!!泣

 私たちの班の最大の利点はズバリ、「仲が良いこと」でした。

 会えば一緒に笑い合い、和気あいあいと話をするとても仲良しなグループです。

 しかし、そんな私たちを襲った最大の弱点は「予定が合わない事」でした。

 文化祭シーズンやスポーツの盛り上がる季節から始まった撮影期間は、班員それぞれの用事が忙しくなかなか予定を合わせる事が出来ませんでした。

 会うたびに脱線話で盛り上がる私たちにとって、時間が少ないという事は大打撃だったのです...。

 そのため、テーマ決めや内容決めにも他の班より時間を要していたと思います。

 そんな私たちも、回数を重ねるごとに撮影の時間配分や予定合わせにも慣れる事が出来ました。

 予定がなかなか合わせられなかったこともいい経験だったのかもしれませんね。笑


 「ゴキブリ」ってどうやって表現しよう?

 私たちが次に悩まされたのは「ゴキブリ」の表現についてです。

 実をいうと、CMで取り扱う商品を決めた理由は班員のめいが放った

 「あたし、ゴキブリの真似できるんだよね」という一言からでした。

 「いいじゃんそれ、使おうよ!」と班員全員盛り上がった流れで即決。

 一度冷静になって、本当にこれでいいのかともう1つの候補だったポッキーの案と一緒に高先生に相談すると、まさかのまさかで大好評!

 ゴキブリをどう表現するかを深く考えないまま商品を決めることになりました。

 流れに身を任せ選んだゴキブリホイホイ。

 ゴキブリって映像でどう表す?

 大きいゴキブリホイホイ作らなきゃダメかな?

 とゴキブリの表現についての議論がまとまらず、大量の時間を消費。

 悩みに悩んだ末、最初は主人公のゴキブリ2人にモールでつくった触角を付けて撮影することにしました。

 人間らしさを大きく残しつつ何となくゴキブリと分かるようにしたのです。

 しかし、残念ながら中間発表で「分かりにくい」という指摘をいただいてしまいました。

 そこで、私たちは新しくいただいた先輩や先生の目から鱗な意見を参考にしながら、@ゴキブリだという事を全面に出す Aあえて、最後の方までゴキブリらしさを出さない。

 という2つの案を出し、ゴキブリを表現することにしました。

 結果として選んだのは、あえてゴキブリらしさを出さないという案。

 最後にゴキブリだったという落ちを持っていく事を念頭に、

 幸せなカップルの日常を描くことになりました。
画像


撮影・編集を終えて

 CMを実際に撮影してみると、想像以上に映像をつくる事が大変であることに気付きました。

 どう相手に伝えよう。

 どうしたらストーリーが面白くなるだろう。

 どうしたらもっといい映像になるだろう。

 自分の意見だけでなく班全員の意見を合わせながらの制作は、根気も体力も必要でした。

 でも、CM製作はとても楽しく、撮影・編集に関する事だけでなく色々学ぶことが出来たと思っています。

 CMとしてまだまだな作品ではありますが、今回の内容決め、撮影・編集を通して学んだことを生かし、次の作品制作が出来ればいいなと思います!
画像

 最後に、このメンバーだったからこそ楽しく、このCMが作れたと心から思います!

 くろぴ、ひびき、みはる、めい ありがとーーーーーう!(2年 りんりん)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
勝手CMに初挑戦「ごきぶりホイホイ」(駒澤大学GMS学部高ゼミ2年制作)  駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる