駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画予告編に初挑戦「ピエロのゲーム」(駒澤大学GMS学部高ゼミ3年生制作)

<<   作成日時 : 2018/03/11 17:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 こんにちは、まさこです。私たちの班員は、ピエロ役に最後の役者人生を捧げた亮吾、20代にもなって廊下を死ぬ気で走ってくれた碧、心優しい性格を隠しきれないなっちゃん、暗闇の中でピエロに引きずられるところが一番の見どころ!の光と班長の私まさこさまの5人です。そんな私たちは、死んだはずのあいつがピエロに扮して復讐するゲームのお話、「ピエロのゲーム」を制作しました。


夜の学校で撮影

 話し合いが始まるとホラー映画に即決。

 すぐに脚本の案をもってきてくれた光と今のピエロのゲームの脚本を作り上げてくれた碧、本当に助かりました。

 二人のおかげで土台になる脚本があっさり固まって、スムーズに撮影に入れたと思います。

 撮影はホラー映画の怖さを演出したく、全て夜の学校で行いました。

 夜の撮影は今までに経験がなく、やってみて初めて気づいたことは「暗すぎて顔が見えない・・・(笑)」。

 そのため見せたいところにだけ携帯のライトを照らすことにしました。

 あとは、ビデオカメラとスマホのカメラの二つを使い分けたこともポイントです。
画像

 ピエロから送られてくる動画のシーンをスマホのカメラを使って自撮り風に撮影しました。

 撮影自体は3回くらいで終わってしまってあっという間だったのですが、この映像制作を通して一番苦労したことといえば編集です。

自ら編集をします!という人がいない中、誰がやるかということで「暇そうな女子三人でやっちゃう〜?」という軽いノリで編集担当を決定することになりました。


初心者スタートの編集作業

 予告のイメージはできていたので大まかな流れを作っていき、その動画をみんなに見せたところ思いのほか反応が良かったので編集することに。

 字幕の入れ方・フェードアウトの仕方すらもわからない初心者感満載の私たちでしたが、音楽の選定だけはこだわり抜きました。

 ホラー映画の緊張感って音楽の使い方一つで変わるものだと思っていたので、この曲のここの部分はこのシーンに持ってこよう!と計算し動画と音楽のタイミングに一番こだわった自信があります。

 笑いっぱなしの撮影で、あっという間だった映像制作!

 強いて言えば、まともな集合写真を撮らなかったことが心残りかな(笑)
画像

 (左から亮吾・光・まさこ・碧・なっちゃん。テーマはピエロの赤ちゃんと家族写真)

 そして、予告編の見どころは何といっても亮吾のピエロ姿!(笑)

 Amazonで買った甲斐があったね〜!ということでみなさん、「ピエロのゲーム」お楽しみください!(3年、まさこ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
映画予告編に初挑戦「ピエロのゲーム」(駒澤大学GMS学部高ゼミ3年生制作) 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる