駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 16年間続けてきたこと

<<   作成日時 : 2018/05/11 16:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 高ゼミブログをご覧の皆様、はじめまして。この度高ゼミ生になりました、2年のゆうかです!初めてのブログということで何を書こうかとても悩みましたが、今回は私の趣味について紹介させていただこうと思います。


遡ること16年前…

 いきなり昔話から入ります(笑)。

 当時3歳の私は、ある日母親に連れられてある場所へと行くことになりました。着いた場所は地元の音楽教室。私はそこである楽器と出会いました。それは…

 エレクトーンです!!
画像

 皆さん、この楽器のことをご存じでしょうか?今回は長くなってしまうため詳しい説明は省かせていただきますが、知らなかった方は是非検索してみてください!

 簡潔に言うと、管楽器、弦楽器、打楽器、はたまた動物の鳴き声まで出すことのできるハイスペックで愉快な(?)電子楽器です。

 3歳の私はそんなエレクトーンの魅力に心を奪われ、その日から音楽教室に通いはじめました。


エレクトーンをやってきて良かったと感じたこと

 私は今までエレクトーンを習ってきて良かったなと感じたことが多々あります。

 まず、学校行事で活躍することができたことです。

 勉強も運動もできなかった私は、それまで人前に出ることはほとんどありませんでしたが、小学校5年生のときに校歌の伴奏者に任命されたことをきっかけに、エレクトーンのスキルを活かしてピアノ伴奏で活躍できるようになりました。

 中学生の頃、合唱コンクールで2年連続伴奏者賞をいただいたことは良い思い出です。このことで、昔より自分に自信がついたのではないかと感じています。
画像

 そして、エレクトーンをはじめて音楽が好きになったことをきっかけに中学・高校と吹奏楽部に所属したことも良かったなと思っています。

 平日はもちろん、休日には10時間近くの練習があり、体力的にも精神的にも辛いことが多かったですが、仲間の大切さや忍耐力を学ぶことができました。

 このように、エレクトーンのおかげで多くの貴重な経験をすることができ、習わせてくれた両親やお世話になった先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。


私にとってエレクトーンとは…

 とにかく弾くのが楽しかった幼稚園時代、上手な友達との実力の差に気付き挫折しかけた小学校低学年、難しい曲も弾けるようになってきてまたやる気が戻った小学校高学年、部活との両立に必死だった中学・高校時代…とこれまで色々なことがありましたが、現在もレッスンを続けています。

 私にとってエレクトーンは、趣味という一言では言い表せられないほど私の今までの人生の中で大きな存在です。これから先もずっと続けていけたらなと思います。(2年、ゆうか)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
16年間続けてきたこと 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる