駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 教育ボランティア体験 in カンボジア

<<   作成日時 : 2018/06/17 22:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 高ゼミブログをご覧の皆様、はじめまして。4月から高ゼミ生となりました、れいです。初回なので自己紹介を、と思ったのですが、今回は書きたいことが長くなりそうなので、また機会があれば今後のブログで書きたいと思います(笑)。今年の春、私にとって一生ものの経験をしました。今回は、そのことについて書こうと思います。


「オークン」

 突然ですが、この言葉何語かわかりますか?(笑)

 正解は……クメール語で「ありがとう」という意味です!

 私は、今年の春休みに海外ボランティアとして、カンボジアに行きました。

 もともとカンボジアに行きたい、海外ボランティアがしたいと思っていたわけではありませんでした。

 ただ、春休みが長いので何かしなきゃという思いと、海外に行きたいけど行くならいつもと何か違うことがしたいという勢いで参加を決意しました。


村の小学校で英語・日本語教育ボランティア

 実際に、現地の村の小学校で日本語・英語を教えました。
画像

 初めて子供達の前に立って授業を行いました。

 授業では、きちんと教えられているか、伝わっているか、大丈夫かなと思うこともありました。

 でも、「れい、まる〜」って授業中呼んでくれたり、「わたし!」って積極的に手をあげて発言してくれたりして嬉しかったです。

 教えるのは簡単ではありませんでしたが、伝わった時の達成感はとても大きかったです。

 子供達との授業は楽しくて時間を忘れてしまうほどでした。


Cambodia

 カンボジアって聞くと、最初に浮かぶのは貧しいという言葉でした。

 電気も水道もない。お風呂は水浴び、洗濯は手洗い、Wi-Fiもコンセントもお湯もない。

 私たちにとっての当たり前は、カンボジアにはありませんでした。

 確かに、日本に比べると決して便利な生活とは言えません。

 でも、カンボジアの人たちはいつも笑顔で眩しいほどに輝いていました。

 便利なことが全てではなく、当たり前に生活できることが幸せなのだと感じると同時に、この自分にとっての当たり前は自分のものさしでしかなかったということにも気づかされました。

 たった2週間でしたが、たくさんのことを経験し、学ぶことができました。

 ここで得たものは、私にとって宝物です。ここでの経験をこれからにつなげていきたいです。

 こちらは運動会後の集合写真です。またみんなに会いたい!
画像


チャリティーフリマ

 ちなみに、2018年6月23日(土)10:00〜15:00に、新宿中央公園でチャリティーフリマを行う予定です。

 今、フリマのための中古の物品を募集しているので、ぜひご協力お願いします。

 フリマの売り上げはカンボジアの子どもたちへの寄付となります。

 また、少しでも海外ボランティアに興味がある方、カンボジアのこと聞いてみたいという方、いつでもご連絡ください!
 こちらはフリマの詳細です。ぜひご協力お願いします。(2年、れい)
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
教育ボランティア体験 in カンボジア 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる