駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画予告編に初挑戦「ド☆鈍」(駒澤大学GMS学部3年生制作)

<<   作成日時 : 2019/03/21 09:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 みなさん、こんにちは。高ゼミ3年のひびきです。自分のブログは毎回出し忘れてしまうのでここが初登場です。どうぞよろしくお願いします。さて、今回我々の学年は映画予告編に挑戦しました。我々の班の珍道中をちょっとまとめたので、ぜひ読んで行ってくださいね。


「ホラーはなんかなあ…」から「鈍足コメディ」へ

 これまでも高ゼミでは3年生後期は映画予告編がグループ課題として課されてきましたが、その多くはホラーやサスペンスなど結構シリアス系のものが多かった印象です。

 はじめに僕たちのグループで話し合いが持たれたとき、他の班からもホラーにしようか的な会話は聞こえていました。

 さらに、僕たちのグループはなんというか、ホラーっていう雰囲気ではないメンバーでした。

 そこで、僕たちのグループが今回の映画予告編に選んだテーマは「コメディ」!

 日本のコメディ映画は無謀とも取れる挑戦をやってのけるドタバタストーリー!というイメージを共有すると、「自分たちがやってみたいこと」を各自発表して、そこからストーリーを決めようという段取りに。

 これがコメディチームというざっくばらんな感じです。

 そこで、今回主演を務めてくれたあきちゃんから「足が速くなりたい」とぽろっと一言。

 よし!これでいこう!満場一致でテーマが決定!ここまで突き進むこととなります。


実力はすでに俊足レベル…?

 さて、テーマが決まったら早速撮影です。

 オータムフェスティバル前の授業がない期間にまとめどりを行うべく、ゼミ後に話し合いを進めました。

 男子2人が6限を履修していた関係で、レディ達を1コマ分待たせてしまう非紳士的行為の連続はいまだに申し訳なさでいっぱいです。

 その間に絵コンテやカットの細かな部分までを精査してくれたあき、さとみには頭が上がりやせん。

さらに、この男子2名はサークル活動頑張っちゃう系メンズだったので、この時期は多忙につぐ多忙…その中でもなんとか撮影を進めて行きました。

 主演のあきは文化部所属だったため、運動経験が本当になかった中で奮闘してくれました。

 冗談でも可愛いとは言えないジャージを家から着てきてくれる役者魂を見た気がします(笑)
画像

 さとみは予告だけでは伝わりきらない深い役どころを見事に演じきってくれました。

 動画を見る前に読んでくれている人もいると思うのであんまり言いたくありませんが、すごくブラックな役を演じてくれました。

 服もなんか黒かったです。でも、実際はとても優しく性格が清らかなりなので!

 撮影後は、事前に用意してくれた絵コンテを基準に、サークルがひと段落したかずきが編集を進めてくれました。

 以前から編集に挑戦したい意思のあったかずきは向上心が高く、編集講座に行ってくれました。感謝感激です。

 音声の調整や、細かいカット割りで疾走感を演出してくれました。(本人談)

 みんながところどころ上げてくれる課題やわずかなポイントを細かに修正してくれてこの作品が出来上がりました。
画像

 さて、ちゃんと読んでいただけたらわかると思うのですが、実は私なんもしておりません。

 本当に謝ることしかできませんが、みんなのおかげで完成まで持ってくることができました。

 ありがとうございました!(3年、ひびき)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
映画予告編に初挑戦「ド☆鈍」(駒澤大学GMS学部3年生制作) 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる