6月23日、慰霊の日とは

 こんにちは。高ゼミ3年のイブキです。前回のブログでは生まれも育ちも血も100%静岡人ながら、沖縄の高校に1人で国内留学したという珍体験記を書かせて頂きました。今回も沖縄について書こうと思ったのですが、その理由はちょうどブログを書き始めた今日(6月23日)が沖縄県民にとって特別な日である「慰霊の日」だからです。

 慰霊の日とは1945年の6月23日に沖縄戦が終結したことにちなんで沖縄県が定めた記念日です。

 その年の6月23日が平日だと、沖縄県内の学校などは休みになります。そして自分たちの先祖にお祈りを捧げる日でもあります。


慰霊の日との出会い

 慰霊の日について今知った方も多いと思いますが、僕も沖縄で暮らし始めてから知りました。

 本州ではあまり耳馴染みの無い単語ですよね。

 僕は所属していた「地域研究部」という部活で慰霊の日に沖縄戦経験者の語り部活動をしていたので、少しだけ深く慰霊の日に関わることができました。

 沖縄戦経験者というのは当時の学徒隊であった人達です。

 「ひめゆり学徒隊」というのが有名ですが、女子学徒隊はひめゆりだけでなく、沖縄県内で10校からおよそ500人が動員されたと言われています。

 僕たちの部活では「白梅学徒隊」というところに所属していた方の主催する「白梅之塔慰霊祭」、という毎年慰霊の日に行われる式典に参加させて頂いていました。
画像


学徒隊とは

 学徒隊とは沖縄戦の時に戦場に駆り出された当時10代の子供達の事です。

 ひめゆりや白梅といった女子学徒隊は負傷した日本兵の救護などに駆り出されていました。

 ガマと呼ばれる防空壕で治療に当たった女子学徒隊の話を聞かせていただくと、いかに戦争が悲惨であったか、思い知らされました。

 「となりに立っていた友達の頭に、銃撃戦の流れ弾が当たって死んだ」

 「負傷した兵士の手当てをしようとしたら、傷口からウジ虫がでてきた」

 「十分な医療知識が無いまま、兵士の手足の切断を迫られた」

 「防空壕の外から飯を運ぶのも命がけだった」

 「終戦が近づくと、防空壕内は負傷した兵士だらけで足の踏み場もなかった」

 当時高校生だった自分たちが、勉強できたり、友達と遊べたり、恋愛できたりと「当たり前」だった事が「当たり前でない」日々があったと知り、過去から学ばなければ、同じ過ちを繰り返しかねないなと強く思ったものです。

 僕にとっての「慰霊の日」とは先祖の想いを心にブチ込み、初心に帰る重要な日であります。(3年、いぶき)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0