2つの「守るしごと」――僕のアルバイト経験

 どうも〜高ゼミ3年の山ちゃんです。さて、今回は何を書こうかな〜と前回の記事を読み返したらPop以外のダンスのジャンルについて書くとかなんとか書いてありまして...正直連続でダンスの記事も飽きるかな、と思ったので今回は僕が今やっているアルバイトについて書いていきたいと思います!(ダンスの話はまたそのうち!笑)

 今現在、僕は学校に通いながら家賃や生活費を稼ぐべく、アルバイトを二つやっております。


葬儀会場の警備

 大学生のアルバイトと聞くと、やっぱりファミレスなどの飲食業とかアパレル系のショップ、コンビニなど思いつくと思いますが、僕が今働いている場所はちょっぴり特殊な場所でして...

 一つ目は葬儀会館やお寺といった葬儀を行う場所での「警備」です。

 警備員のバイトって聞くと、重要人物を守るSP的な「カッコいい&強い」イメージがあると思うのですが、葬儀会館やお寺の警備員としての業務は主に「交通誘導」と「安全確保」です。

 お通夜に来る参列者の車や告別式にて火葬場へ送る霊柩車の誘導などが仕事内容です。

 さて、なぜ僕はよりにもよって葬儀の警備員になったのでしょうか?

 実は発端は僕の大きい勘違いで...応募したサイトに「セレモニーホールの警備」と書いてあったのですが、それまでオーストラリア育ち僕は「セレモニー = 結婚式や○○周年記念的なイベント」という認識で、てっきりそういった「楽しいイベントの警備」だと思ったのです。

 思い切って面接に言ったら「ご存知の通り、葬儀の警備なんですけども〜」と言われ内心(ご存知じゃないです...汗)となったのも今となってはいい(?) 思い出です。
rr1.jpg

駒澤大学の学生スタッフ

 さて、警備以外のもう一つのバイトなのですが、実は勤務場所が我らが駒澤大学なのです!

 駒澤大学で仕事...教員...そう、教員なのです!と言いたいところですが、大間違いでして...答えを言いますと、学習室や自習室、サポート窓口の学生スタッフです!(笑)

 仕事内容は主に学生や教員へのパソコンの貸出、教員の教場予約対応、1号館や3号館のパソコン教場の清掃・点検、学生対応などなどです。学内でも勤務場所が5箇所あるので、勤務内容が場所によって変わります。

 学習室入ってすぐ見える大きいテーブルの内側に座っている人も全員同じ学生スタッフさんです。

 「Microsoft Wordの入れ方が分からない〜」とか「校内のwi-fiにつながらない〜」といった対応をしておりますので、分からないことがあれば気軽に聞いてみてください!この仕事に興味を持った学生さんはぜひ僕にご連絡を!(紹介でしか入れないので笑)

  タイトルを「守るしごと」にしたのですが、これには理由がありまして...

 昔、同じ高ゼミのセンディーくん葬儀の警備の仕事を「命を助け、死を見届ける仕事」とカッコよくまとめてくれたこと思い出しました(まあ、命を助けとか少し大げさな気はしますが、安全を守るのが仕事なのであながち間違いではないかな...汗)。

 そして学生スタッフの仕事は学生の個人情報などが絡む仕事なので個人的には「情報を守る仕事」だと思っています。

 なので二つとも「なにかを守る仕事」だと思ったのでこういったタイトルにしてみました。ヒーロー大好きな自分にとってピッタリな仕事かも?(笑)

 あ、今度ヒーローの記事でも書こうかな?ここまでお読み頂き、ありがとうございました!(3年 山ちゃん)