ひやっとしたプーケット旅行

 みなさんお久しぶりです、高ゼミ2年のさきちゃんです!夏の暑さも少しずつ落ち着いて、秋の訪れを感じる今日この頃ですが…そんなタイミングで…皆さんに私の夏休みの思い出をシェアハピしていこうと思います!これを読んで皆様のお役に立てたら幸いでございます。(最後まで読んでね)


常夏の島

 日本から飛行機で約7時間、バンコクを経由して私が行ってきた場所…

 常夏の島、プーケット!!!

 夏休みの終わりに約1週間、タイのプーケットで刺激的な毎日を過ごしてきました!

 物価も安く、飛行機のチケットもそこまで高くないので、学生にはぜひおすすめしたい場所かもしれません♡

 現地の屋台、お店、とてもおいしい!とても安い!お財布にやさしい!
pkt.jpg
 という感じで食べ物だけでなく、お洋服、お土産、その他諸々、安さに感動する毎日でした!

 そんな楽しいタイ旅行だったのですがやはり海外旅行には、危険がつきものであるということを忘れてはいけません。。。


海外旅行の危険

 今回わたしはプーケットからフェリーで1時間ほどのところにある島、ピピ島という離島にも行って来ました。

 離島ということで、もちろんたくさんの有名なビーチやベイがありますが、今回の旅中わたしはモンキービーチという野生のお猿さんが沢山いる場所で、とんでもない事件に見舞われてしまったんです。

 とても有名なビーチなので観光客で常ににぎわっているビーチで、中にはお猿さんが肩に乗ってくるなんてことも多々あるみたいです。

 そんな、人とサルとの距離がとても近い空間に、もちろん私はとてもわくわくして近づいていました。

 すると突然、お猿さんがたくさんのひとに興奮してしまい、思わず私の手にかみついてきたんです。(汗)
saru.jpg
 後から聞けば、観光客がサルにかまれる事件がよく起こっていたそうです。

 かなり深めに噛まれてしまい、ツアーのガイドさんが地元の病院まで送ってくれました。

 海外の病院なんて訪れたことがあるはずもなく不安な気持ちでたまらなかった私ですが、現地の先生やナースさんたちはとてもやさしく
、翻訳機などを通して、今回の手の治療について説明をしてくれました。

 そこで分かった事実…

 なんと狂犬病の疑い…!!

 日本とはちがい狂犬病の発生が減少していない、東南アジアでは狂犬病で亡くなる方も年間多くいるそうです。

*狂犬病とは主に動物に噛まれたり引っかかれたりして、感染する病気で発症すればほぼ100%の確率で死亡してしまうという病気です。

 そんな恐ろしい病気ですが、すぐに治療をして決められた回数ワクチンを打てば助かるといわれています。

 言われた通り、現地の病院でとっても痛い注射を数回打ちました。

 やはり危険なウイルスなので、患部にも直接注射をするのですが、これが本当に本当に痛くて泣き叫ぶのを必死でこらえていました。(泣)

 帰国後も3回ほど日を置いて注射を打ちに行きました。

 現在はワクチン接種を終えてすべての治療が終わっています!!

 かなり怖い経験をした私さきちゃんですが、しっかりと旅中も病院に通い、もちろんその間の観光もしっかり楽しんできました:)♡

 皆さんも海外旅行に行く際は私のような目に遭わないように、事前にいろんな危険の可能性を把握してから行くことを約束してほしいです(切実)

 今回のわたしのブログを読んで皆さんもリスクマネジメントはしっかり行いましょうね!!!★

 ここまで読んでいただきありがとうございました!また次回のブログでお会いしましょう♡(2年、さきちゃん)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0