ラグビーワールドカップと私

 こんにちは!高ゼミ3年のあかりんです!つい先日、ラグビーワールドカップが閉幕しましたね!(このブログを書いている時は、週末に決勝戦が控えています。みなさんがこの記事を読む時には全ての結果が出揃っていることでしょう…)

 開幕前は大会自体がそこまで注目されていなかったような気がしますが、日本がベスト4と大健闘したおかげで、メディアにも大きく取り上げられ、非常に盛り上がりましたね!

 いわゆる「にわかファン」も確実に増えたのではないでしょうか。

 私はというと、今までラグビーに限らずスポーツの試合をあまり見ないほうでした。

 しかし!そんな私でさえ!ラグビーの面白さに、はまってしまいました。

 きっかけは、「ファンゾーン」と呼ばれるラグビーワールドカップ期間限定イベントの、スタッフアルバイトに応募したことでした。


「FANZONE」とは?

 「ファンゾーン」は全国12の都市で設置されていて、メインのパブリックビューイングをはじめ、ラグビー体験やライブステージを楽しむことができ、公式グッズ販売や出場国のフード提供、文化交流エリアなど、ラグビーや出場国に関連したコンテンツが並ぶイベントです。
lag1.jpg
 私は、その中の協賛企業ブースでお手伝いをさせていただきました!

 そのブースでは、用意したフォトスポットで撮影したお客様の写真を、限定フレームに入れてプリントし、台紙に入れてプレゼントするサービスを行っていたのですが、私は主にプリンターの操作説明と、スマホでの写真撮影を担当していました。

 どちらの仕事も、途切れることのない来場者に声をかけ続けなければならなかったので(もちろん笑顔で!)、その点は大変でした。

 しかし、そうは言っても、試合が始まれば皆パブリックビューイングの大画面に釘付けになので、その時間だけは私もちゃっかり柱の間から見える画面で逐一点数を確認していました。(お客様が来ない時は、ですよ!笑)

 パブリックビューイングの画面と、私が働いていたブースの距離が近く、試合に動きがある度に歓声や落胆の声が聞こえてくるので、そんなの気にならないわけないじゃないですか?笑
lg2.jpg
 ↑パブリックビューイング会場。ここに溢れんばかりの観客が集まります。

 私の言い訳タイムはさておき笑、この「ファンゾーン」というイベントが、各地で開催されていたことを知らなかった方も、中にはいらっしゃるのではないでしょうか。(もう終わってしまったので、ぜひ足を運んでみてください!と言えないのが残念です…)


侮るなかれ!アルバイト

 やはり国際イベントだけあって、体感的には3割の来場者が外国の方でした。

 となると、英語でコミュニケーションを取らなければならない場面も多く、そこまでペラペラではない私は、片言の英語と笑顔で必死に頑張りました!笑

 外国の方はフレンドリーな人が多く、こちらが笑顔で話しかけると必ず笑顔で返してくれ、とても安心しました。

 このために、いくつか例文を覚えたりもしました。

 ただ、お客様自身でやっていただくスマホ上の操作説明や、Wi-Fi環境などシステム上でイレギュラーなことが起こった場合の対処方法の説明が難しく、英語がペラペラな社員の方に説明をお任せしてしまったこともあったので、その悔しさは、今後の自分の英語学習に対するモチベーションにつなげようと思っています。(まじめですね)

 今まで英語を話したくても、私の日常生活の範囲内ではあまり外国の人と話す場面がなかったので、とても新鮮な環境でした。

 また、「一生に一度」と言われている日本開催のラグビーワールドカップにこうして少しでも関わることができて、貴重な経験をさせてもらったなぁとしみじみ振り返っております。

 最初は、「イベント=なんか楽しそう♪」という軽い気持ちで応募した「アルバイト」でしたが、この機会を通して、今までルールさえ全く知らなかった「ラグビー」という競技の面白さに気付き、下がり気味だった英語学習に対する意欲もぐんっと上がり、これは余談ですが、疎遠だった高校時代のクラスメイトが、お客さんとして来てくれて再会することができました。笑

 アルバイト=お金稼ぎ?

 いやいや、それだけではありません!アルバイトを通じて、自分がその気になれば、自己を成長させることも、世界を広げることもできます!

 …という結論で、このブログを締めくくることとしましょう!笑

 長くなりましたが、最後まで読んでくださり、ありがとうございました!(3年、あかりん)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0