My Stay in Exeter, England

 みなさんこんにちは!高ゼミ3年のれいです。前期は教職の授業の関係でゼミをお休みさせていただいていたのですが、後期から復帰しました!みんなに暖かく迎えてもらい嬉しい気持ちでいっぱいです。

さて今回のブログ、何を書こうかと思っていましたが、バイトと学校の行き来しかしない日常を過ごしている私には、長期休みの海外生活しかネタがない・・・。ということで夏休みに行ったイギリス短期留学に着いて書きたいと思います。


多国籍ならぬ2国籍?

 留学って言えば、イメージするのは多国籍ですよね!?しかし、私のクラスは2カ国籍でした。あれ、なんか想像と違うような…?(汗)

 ちなみに、日本ともう一つは、サウジアラビアでした!しかもみんな軍人で男の子しかいないというまさにいろんな意味でも濃いクラスメイトでした。何と言っても、積極性がすごい!(笑)
rr1.jpg
 わからないことは先生にすぐに聞き、答えがあっていてもいなくても発言していました。

 日本人はサウジアラビア人の積極性に完全に押され負けしていました。

 「シャイにならないで!」と何度言われたことか(笑)仲良くなるにつれて、いろいろなことを話せるようになり、サウジアラビアのことを教えてもらって、私の知らない世界をまた1つ知れたような気がします。

 留学も終盤になり、サウジアラビア人とのお別れもつかの間、今度は中国人との2カ国籍に。

 私たちのクラスは2カ国籍から抜け出せない模様。一気に静まり返る教室に寂しさを感じるも、中国人との関わりも新鮮なものでした。

 中国人と聞くとうるさいイメージがあったけれど、すごいみんな優しくて、拙い英語でもお互い理解しようとして、中国語や日本語を教えあったりしました。

 留学中に1番感じたのは、一言に英語と言っても、いろいろあるということです。

 日本人には通じる英語発音も、サウジアラビア人には伝わらなかったり、逆に聞こえなくて、綴りを描いてもらって理解したりということがよくありました。

 この気づきは教職を取っている私にとって、すごく大きなものです。


Homestay
 
 留学中の1ヶ月間、ホームステイをしました。イギリス到着日、大学までホストファミリーが迎えにきてくれるはず、だったのです。

 しかし!みんなホストファミリーに迎えにきてもらって、私が最後になってかれこれ1時間。

 迎えがこない!結局ホームステイ先まで、タクシーで行くことに(汗)着いたらホームステイ先のママが笑顔で迎え入れてくれて一言。
 
 「もっと早く来るかと思っていたわ〜!」ん?(笑)なんともマイペースなママ。

 日頃は孫のお世話をしているママと、電気関係の仕事をしているパパ。帰ってくるといつもたくさん話しかけてくれて、一日あったことを話したり、日本とイギリしについて話したりしました。

 イギリスはご飯が美味しくないとよく耳にしますが、ママのご飯は美味しかったです!

rr2.jpg
(ホームステイ おしゃれなMy room!)

 そして、帰国を目の前にしたある日。

 家に帰ると話があるとママに言われ、何かと思ったら…「明後日からスペインに行ってもいい?」最初は理解ができませんでした(笑)

 私が帰国するのは4日後。ん?(2回目笑)「いいよ」と言わざるを得ない状況に困惑していました。

 でもママが「レイはまた来年エクセターに帰ってくるから寂しくないわね!」と。なんか無茶苦茶な気はするけれど、いつかママとパパに会いにイギリしにいきます!(単純)

 海外ボランティアも海外インターンも行ったことがあり、唯一留学をしたことがありませんでした。

 順番は間違えたような気もしますが、この想像の斜め上を行くような留学経験ができて本当に良かったです!

 “1ヶ月じゃ全然足りない!”というのが本音ですが、これからもいろんな国に行っていろんな経験ができるといいなと思っています。

 気づいたら、たくさん書いてしまいました。最後まで読んでいただきありがとうございます!(3年、れい)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0