カンボジアで先生になってみた

 どうもどうも、2年のもかちんです。タイトルの通り今年の夏休み、カンボジアのシェムリアップで先生になってみました。


カンボジアを選んだ訳

 そもそもなんでカンボジアで先生になろうと思ったのか。これすごい聞かれたんですけど、言ってしまえば「好奇心」です。

 まあなんとなく海外ボランティアというのに興味があって、国を調べていくうちにカンボジアでは日本語のツアーガイドの給料が非常に良いと知り、体力に自信のなかった私は日本語を教える事なら私でも出来るのではないかと思ったのです。

 思い立ったら行動しないと気が済まない私はその日のうちに夏休みの往復航空券を購入。

 後に引けないようにしました(笑)ちなみに学校は過去にボランティアをされた日本人の方のブログを発見しました。

 ご夫婦で世界一周をされている方でその途中に今回私がボランティアをしたカンボジアのシェムリアップにあるアンコールイングリッシュスクールを訪れたみたいです。ちなみにそのブログのURLはこちら

 その方にメール、そしてなんとシェムリアップで日本語と英語のフリースクールをされているカンボジア人の校長先生の連絡先もゲットしました!!家族に報告したのは学校と宿泊先が決まった後。呑気なうちの家族は「行ってらっしゃ〜い」のLINEで終わりましたとさ。


アンコールイングリッシュスクール

 そのフリースクールはシェムリアップの中心地から少し離れた村の中にあります。

 小学校低学年ぐらいから高校生ぐらいまでの子供たちが通っていて、無料で英語と日本語の授業を受けられます。門を入るとめちゃめちゃ強そうな犬二匹がお出迎えしてくれます。

 初めて見たときは「怖すぎる!!犬ってもっと可愛くなかったっけ?あ〜狂犬病のワクチン打っててよかった。」というのが正直な感想。でもこのワンちゃん達すっごく良い子達でした。そして校長のソクホンは少し日本語を話せます。
moka1.jpg
 この写真は校長とアンコールワットに行った時の写真です。この私の顔が微妙なのは校長と仲が悪いのではなく、4時起きでめちゃめちゃ眠かったからです。

 校長は平日には先生として無償で子供達に英語と日本語を教えます。

 土日にツアーガイドとして働いているお金でなんとか生活をしているのです。

 英語の先生はもう一人カンボジア人の先生がいるのですが日本語の先生はいません。

 そのためボランティアの存在がとても重要になってきます。

 ボランティアがいない時は日本語上級クラスの生徒が日本語初級クラスの生徒に教えます。

 そのため、日本語上級クラスの生徒達は先生がいなくなってしまうのです。

 私が行くまでこの学校には半年以上ボランティアが来てなかったらしく、しかも短期が多いみたいで私は1ヶ月の滞在だったのでとても喜ばれました。

 滞在している一か月間の中で私は20歳の誕生日を迎えました。

 当日サプライズで子供たちが少しずつ出し合ったお金でケーキを買ってきてくれました。もう大号泣ですよ。

 子供たちにとってお金は本当に大切なもので、カンボジアでの日々の生活でそれは痛いほど実感していました。

 「なんでこんなことに大事なお金を使うの?」と聞くと「今日はももかにとって一年で一度のスペシャルな日だからだよ」と笑顔で答えてくれたカンボジアの子供たち。

 そこには確かに資源の豊かさではないけれど気持ちの豊かさがありました。

 カンボジアの子供達はみんな素直で一生懸命です。
moka2.jpg
 こんな頼りのない私のことを「teacher!teacher!」と呼んでくれました。

 ボランティアなんていうと聞こえは良いですが私はカンボジアに行ってたくさんの出会い、思い出、経験をもらいました。

 正直本当に私が先生になれていたかと聞かれるとよくわかりません。でもたくさんの家族ができた事とカンボジアが大好きになったことは事実です。(2年、もかちん)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0