駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 手話に夢中!!! Crazy about Sign Language

<<   作成日時 : 2008/11/20 16:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 初めまして!高ゼミ3期生のA.Mです。今回は私が所属している駒澤大学手話サークル「かえで」についてご紹介します。人気ドラマ『オレンジデイズ』を見て手話を覚えようとする方は少なくないようです。私の場合は、高校時代のバイト先にたまたま聾者の方が来られて、うまく意思疎通できなかったのがきっかけでした。大学に進学したら手話を覚えて聾者の方と交流したいと思い、「かえで」に入りました


「かえで」ってなに?

手話で「キセキ」を練習  サークル名「かえで」には二つの意味があるそうです。

 1つ目はかえでの葉っぱが手の形に似ているからです。

 2つ目は音声の言語を手話に“変えて”という言葉を「かえで」にかけているとのことです。

 つい今月15日に、「かえで30周年記念パーティ」が開かれ、OBと現役生合わせて130人も集まりました。

 私たちは、GReeeenの「キセキ」と H2Oの「思い出がいっぱい」を手話歌で披露しました。

 顔の表情に気をつけながら、手話のタイミングを合わせるなどとても大変でしたが、みんなで協力して何かを成し遂げることの素晴らしさを改めて実感しました。


手話をenjoyする
GMS学部
 「かえで」では、普段週に4日手話を学んでいます。

 指文字テストや単語テスト、ゲームのほかに、言葉をしゃべらず手話を使って会話するサイレントタイムもあります。「学ぶ」というより「楽しむ」感覚に近いです。

 ちなみに、右の写真は指文字のファイルです。みなさんも、これで自分の名前などを覚えてみてはいかがでしょうか?

 学習会のほかに、他大学との交流会や富士通手話部での勉強会、世田谷区立駒沢中学校での手話レッスンなど、盛んに活動を行っています。

 もちろん、合宿や懇親会などもありますよ。「かえで」は先輩たちが優しく、アットホームな雰囲気です。このサークルに入って本当に良かったと思っています。


伝えようとする気持ち

 私がGMS学部に入った一番の理由は英語が好きだからです。英語と同様、手話も立派な言語です。

 手や顔の表情を使って会話が出来る、それって素晴らしいことだと思いませんか?

 手話も英語も、人に自分の気持ちを伝えようとする姿勢が大切です。一生懸命に伝えようとすれば、たとえ多少表現が間違っていても、相手に気持ちが伝わることもあるのです。

 みなさんも何か少しでも興味があることがあったら、迷わず挑戦してみてはいかがでしょうか。きっと新しい発見や世界が広がっているでしょう。(1年、A.M)

関連記事:
僕らはいつも以心伝心〜大学手話交流会 in 駒澤〜 2009/06/30


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
手話に夢中!!! Crazy about Sign Language 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる