駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS どっちがへん?

<<   作成日時 : 2008/12/10 11:01   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

電車でマナーの悪い人 先日、朝の通勤電車で、あり得ない光景を目にしました。顔がバレないように写真をアート風に加工していますが、7人掛けの座席に一人が横になって寝ていたことが分かりますね(写真)。

 何事にもマナーというものが付き物です。お金は借りたら返す――常識です。お酒は片手で注がれない――これも常識です。優先席をお年寄りや体の不自由な方に譲るのも、当然常識です。

 常識を知らない若者が多いとよくいわれていますが、全く同感です。若い自分が言うのも何ですが、優先席はもちろんのこと、普通の座席でも、目の前にお年寄りの方がいらっしゃると、私は必ず譲るように心掛けています。その意味で、私は「優先席」というものはないように思えます。どの座席も必要な方に優先的に譲るべきだと思います。
 
 もちろん、マナーが悪いのは若者だけではありません。いい大人のくせに、堂々と車内でケータイしている者や車内にツバを吐く者など、社会全体のモラル低下が見られ、本当に残念に思います。


マナーポスター

岩井俊雄作マナー広告どっちがへん? つい最近、いつも利用している東急電鉄の改札附近で、面白いマナー広告を見かけました(写真)。

 最初は何の広告かうまく理解できませんでしたが、よく見てみると、上の絵は、ケガ人が立っているのに、平気で優先席を独占している人々を描いています。下の絵は、三匹のアシカが寝そべるなか、横に飼育員が立っているという構図です。人間とアシカの「どっちがへん?」と問いかけられ、考えさせられました。

 あとでネットで調べましたが、この広告をデザインしたのは岩井俊雄という方です。岩井さんのブログによると、下の絵は、三浦半島にある京急油壺マリンパークへ行った時、岩に寝そべるアシカからヒントを得たということです。また、ポスターのカラーは、東急優先席のステッカーや吊革の色を意識して作られたそうです。

 東急だけでなく、ほかの鉄道会社の優先席付近にもこのようなポスターを貼り、一人でも多くの乗客にマナーについて考えてほしいものですね。


輝く一瞬

 同じ電車の中の出来事ですが、先日、ギャルとおばあさんとのやり取りをたまたま目にしました。

 優先席に座っていたギャルは、おばあさんが乗車してくると、すぐ立ち上がって席を譲りました。おばあさんは嬉しそうな笑顔をして座り、そして、カバンの中から飴を取り出してギャルにあげたのです。

 何気ない一コマですが、とても心温まる一瞬でした。まだまだ世の中捨てたものではないなぁと、希望が湧いてきました。 (GMS学部1年、M.H)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス
どっちがへん? 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる