駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS カナダ短期留学を終えて

<<   作成日時 : 2010/04/17 15:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 こんにちは。高ゼミ3年のC.Mです。私は今年の春休み期間中に、カナダのバンクーバーへ約一カ月間の語学留学へ行ってきました。実は、以前から留学に興味がありながらも、タイミングを見つけられずにいました。

 しかし、2年生から、就職活動が始まる3年生へとのステップアップの期間に何かやり遂げたいと、両親に資金の協力のもと、今回短期間ながら留学に行かせていただきました。

 大学の語学留学だと、どうしても日本人同士でかたまってしまうと思い、学校とは別の機関である「留学ジャーナル」というエージェントに、昨年の10月ごろ相談に行きました。

 留学場所も特に期間も決めず相談に行ったところ、国ごとの特色や人柄等細かくカウンセリングをしていただき、初めて海外留学するのに向いていると言われるカナダ・バンクーバーへの留学を決めました。


English Only Policy

 バンクーバーは人口200万人のカナダ第3の都市。治安が良く、海や山の美しい自然に恵まれているため落ち着いて勉強に集中することができます。日本から直行便もあります。

 私の通っていた語学学校ILSCはバンクーバーのダウンタウンの中心にあり、ショッピングモール、バンクーバー美術館、カナダ・プレイスなど娯楽施設が豊富です。

 原生林やビーチまである自然公園のスタンレー・パークをはじめ、クイーン・エリザベス・パーク、UBCボタニカル・ガーデンなど、芝生が美しい公園や庭園が多数点在します。

 ノースバンクーバーをつなぐシーバス(Seabus)の乗船場所は徒歩圏内にあります。

 ILSCのキャンパス内では、英語が共通語となっています。

 これが主なポリシーになっていて、もしも英語以外の言語を使用すると、講師・スタッフが警告します。その後4回、再度警告を受けた場合停学・退学処分になります。こちらは授業の様子です(写真左)。

画像画像

 このような厳しい制度だったので、たとえ学校内で日本人がいても英語を使用しなければならないというぎこちない状況だったのですが、何日かすると、自然と校外でも英語を使うようになりました。

 写真右は一緒に勉強していた仲間たちです。出身国は韓国・イタリア・スイス・サウジアラビア・ブラジル・・・とさまざまです。

 私が通っている間に、母国語を使って注意された人は見受けられなかったので、それだけ向上心が強い非英語圏の人たちが集まっていると見受けられました。


冬オリンピック2010

 留学生活に慣れ始めたころの後半に「バンクーバーオリンピック」が開催されました。

 浅田真央選手をはじめ、日本人選手は多々活躍していました。

 語学学校はバンクーバーの中心部にあるので、開催期間中(特に土日)は、様々な国の観光客で賑わっていました。

画像 こちらは開催前の朝、学校の前を走るトーチランナー

 路上の熱気や声援を送る人たちであふれかえり、オリンピックムード満載でした

 聖火をつなぐランナーが何人もの警備員に囲まれつつ手を振りながら沿道の声援に応えていました。

 トーチランナーはめったに見られるものではないので、人生で初めて、しかも留学中に見ることが出来、とても感動しました。


バンクーバー、見えない部分

 世界の中でも住みよい都市とされているカナダバンクーバー。

 しかし、パンフレットに載らないバンクーバーの現状。一歩道を入ると、ホームレスの人々や、薬中毒の人が昼間から薬を観光客や現地の人に売る姿が、多く見受けられました。

 ショッキングでしたが、これが現実なのかと勉強する部分が多々ありました。

 住みやすい・きれいなバンクーバー。パンフレットだけでは分からないカナダの現状を目の当たりにしました。


カナダ留学を通して

 初めての留学で、右も左もわからず初めて飛行機に乗り、最初は緊張の連続で思うように自分の気持ちが伝えられずにいました。

 自己主張することにより多くの友達と会話することで、電子辞書などはほとんど使わずにコミュニケーションをすることができました。

 現地で出来た友人を通して、今後より一層勉強をしなければならないと刺激を受けました。

 今後の就職活動や、将来において大きな糧にし、この留学をゴールにせずスタートにし勉強していきたいと思います。(3年、C.M)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
カナダ短期留学を終えて 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる