駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 情報番組「ゼミナンデス!〜震災カップル〜」(GMS学部高ゼミ3年生制作)

<<   作成日時 : 2011/12/22 17:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 こんにちは。高ゼミ3年のかえこです。今年後期のグループワークのテーマは「東日本大震災」ということだったのですが、震災と言うと悲しいイメージや暗いイメージがあったので、ここはあえて、明るい話題をテーマにしよう!と、私たちの班は「震災婚」というテーマを扱いました


ストーリー


 「震災婚」というのは、簡単に言ってしまえば震災をきっかけに結婚することです。
画像

 自分が被災して今後またこういう状況になった時に誰か側にいてほしい、震災時にパートナーが頼もしかった、パートナーの存在の大きさを再確認した、などの理由で結婚する若者が増えているそうです。

 今回このテーマをどう表現するかと相談した結果、「ゼミナンデス!」(注:某民放テレビ局お昼の看板番組を参考に)という情報番組の1コーナーで、「震災カップル」をVTRで紹介する形にしようとなりました。

 VTRの内容は、マンネリしたカップルがひょんなことでケンカをし、その直後に地震発生。

 お互いの安否が気になるが電話が繋がらず心配する中、数日後に再会。お互いの存在が大切だと気付いた二人は結婚へ・・・というもの。


大胆な配役

 さて配役ですが、お節介なりほが「せめてVTRでかえこに幸せを体験してもらおう」という余計なお世話(笑)な理由で、私がVTRの彼女役になりました。
画像

 相手役を自由に選んでいいとのことで、それならもちろんイケメンの旦那がいいと思いましたが候補なし、妥協の末(笑)ほっしゃんに。

 アナウンサーには大根役者で有名&高さんから滑舌を指摘されたりほ。ゲストには前回のグループワークとリンクさせてけいたろう、サポート役になべさんと決まりました。

 「ゼミナンデス!」のスタジオ部分の撮影は、カンペを作ってセリフを覚える手間を省き、テイク十何回を終えてなんとか終えました。

 大根役者のりほも、Vフリをさわやかな笑顔でキメてきれたけいたろうも、アドリブで次のコーナーを元気よく言ったなべさんも素晴らしかった。ここまでは問題ありません。

 大変なのはVTRのシーンです。とにかく毎回恥ずかしさとの戦い・・・。マンネリとは言えカップル役。必然的にほっしゃんとの距離は毎回近い。そしてわがままな彼女を演じる中、私はこんな嫌な女じゃないっ!との葛藤。

 おもしろがる班員とゼミメンバーたちの要求に応え、最後のシーン撮りは割り切って思い切り抱きついてやりました(笑)。

 ほっしゃんも一人で演じるシーンは、あんな人通りがあるところで恥を捨ててがんばってくれたと思います。


みなさん、お疲れ様!

 今回の演技は今までで一番難題でしたが、その分達成感とおもしろさ(特に事情が分かるゼミ生には)があると思います。

画像 でも、撮影の合間にアイスクリームを食べたり、別の班の撮影協力の後になぎ様の誕生日パーティーをやったりなど、濃い撮影でした。

 みなさん、特に演技も編集も予約も頑張ってくれたほっしゃん、ほんとうにありがとう&お疲れ様です!!

 内容はきっとおもしろく、元気になるものだと思います!私たちの様々な葛藤を思いながら映像を見ると、また新しい楽しみ方ができると思います。

 それでは、ご覧ください!(3年、かえこ)



関連記事・動画: 
ショートフィルムに初挑戦!〜「モテる男の説明書」(駒澤大学GMS学部高ゼミ2年生制作)  2011年1月17日

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
情報番組「ゼミナンデス!〜震災カップル〜」(GMS学部高ゼミ3年生制作) 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる