駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 社会問題CMに初挑戦3〜「言葉の乱れ」(駒澤大学GMS学部高ゼミ2年生制作)

<<   作成日時 : 2012/09/17 21:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

どうも!高ゼミ2年チーム栗原のバームクーヘンは1枚ずつ剥いて食べる派、くりしょーです!いぇいいぇい!さっそくですが、ここで400年前の江戸の小話を一つ。


400年前の江戸では・・・

 えー、「親しき仲にも礼儀あり」という言葉がありますが、親しくない仲なら尚更、礼儀が必要になってくるものでございます。

 まだ東京が江戸と呼ばれていた時分、長屋に寅という若者が住んでおりました。

 寅はいかんせん貧乏でございますから、江戸の札差、竜という人物のもとに金を借りに行こうと思いついたのでございます。

 寅「ああいい天気だ、このお天道さん恋しさに爺さんも散歩してら。ん?道に迷ってやがんのか」

 爺「そこのお方、道を教えてはくれませぬか」

 寅「ったくめんどくせえったらありゃしねえや。やなこったね。こちとら急いでいるんだ」

 爺「そうですか、お世話をおかけしました」

 寅「そうだよ、おめえみたいな汚いじじいとは話す言葉が見つからないやい。急いで札差のとこに行かなきゃなんないんだから。」

 そう言った寅はそそくさと竜の家に行ったのでございます。

 寅「竜さん、竜さーんはこちらかい?」

 竜「なんだいなんだい、騒がしいねえ」

 寅「あ、さっきのじじい!おめえ竜さんだったのか!」

 竜「なんだい態度の悪い若造じゃねえか、帰んな」

 寅「なんでだい、金を貸しておくれよ」

 竜「なんでって?おめえみたいに口の汚い若者には貸すお金がみつからない」m(__)m

という話があるくらいです。

 …あれ?

 わかりました?

 礼儀というものが大事だとお分かりいただけたでしょう!

 礼儀を大事にしないと、結局自分のもとに返ってくるのですよ。

 今回僕たちが作ったCMは、この小話からおよそ400年後の東京で起きた話です。

 礼儀のなっていない若者に一体なにが待ち受けているのか…見ていただけたらわかります。


栗原班のアイドル

 さてさて、こんな動画でも作るのに苦労したものです。

 班員が来なかったり、連絡とれなかったり、昼食を食べる時間がなかったり、その逆に食べ過ぎてお腹を壊したり、駅のトイレに行ったら電車を逃したり、そのせいで授業に遅刻したり、その授業がテストだったり、それが元で単位を落としたり…。

 かなり重い思いが入っているんです!あ、シャレじゃないですからね。気にしないで。

 ええっと、ここまでで大体1,000字くらいです。あと500字くらい…

 あ、そうだ、写真付きで制作時のエピソードをいくつか。

 栗原班のマスコット的存在、たなちゅー君です。

 これはゼミの最初の飲み会の後、つまりグループが決まる前なんですが、この時から才能を発揮していますね。
まあ動画とは全然関係ないんですけど。

 彼のおかげで面白い動画を面白く作ることができたのは間違いないです。

 まあ言ってみればみんなのアイドルですね。

 2年生の中にはそう感じている人も多いのではないでしょうか。

 このたなちゅー演じる就活生ですが、実は他の班のCMにもゲスト出演しています。

 その辺も気にしながら他の班のCMを見ると面白いかもしれません!

 ありがとう、みんなのアイドル(^^)


最後の追い込み

 これは真面目な編集シーン。提出当日です。写真なさ過ぎて、最後の悪あがきに撮ったものですね。
画像

みんないい顔してますね。一生懸命やる人の顔ってまぶしいですね。

 僕たちのCMは簡単なストーリー仕立てになっていて、オチが抜群に面白い!

 ってなる予定だったんですが、オチは大人の事情で編集の作業中にかなり変更になりました。
  
 さてさてそろそろ目標の1,500字です!意外と多い1,500!

 最初の方は書いたとき、「タイガー&ドラゴン」というドラマを見ていて、落語にハマって変な風になってしまったことをお許しください。

 ではでは、高ゼミ2年栗原班の社会問題CMをお楽しみください\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 ごきげんよう!(2年、栗原翔)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
社会問題CMに初挑戦3〜「言葉の乱れ」(駒澤大学GMS学部高ゼミ2年生制作)  駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる