駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS トロント短期留学

<<   作成日時 : 2015/12/08 13:05   >>

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 こんにちは!高ゼミ3年のまっきーです。日が短くなり、5限終わりはもう真っ暗ですね。みなさん気をつけて帰宅してください。さて今回はこの夏カナダのトロントへ留学したときのことについて書きたいと思います。


カナダ最大の都市

 みなさんトロントと言ったら何をイメージしますか?

 おそらく「バンクーバーなら知っているけど、トロントはちょっと・・・」という人が大半だと思います。まずはトロントについて簡単に紹介したいと思います。

 トロントはカナダ最大の都市であり、北アメリカではニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴに次ぐ4番目の大都市です。
画像

 カナダは世界でも有名な多民族国家であり、トロントも様々な国籍の人が生活していました。

 市内にはチャイナタウン、コリアタウン、リトルイタリーというイタリアの雰囲気を味わえる街があったり、ベトナム料理やトルコ料理を食べることができるお店があり、カナダにいながら世界を旅している気分でした(笑)。

 残念ながらジャパンタウンはなかったのですが、市内にはたくさんの日本食レストランがありました。

 お寿司が大好きな私は、たくさんの友達を寿司レストランへ招待しました。


パブで出会った仲間たち

 ある日私は学校の友人に誘われ、トロントに留学している留学生や語学を勉強しているカナダ人が集まって交流しあうイベントに参加しました。

 小さなパブの2階を貸し切って、お酒を飲みながら会話を楽しむのですが、そこで出会った人たちは本当にフレンドリーで、様々な国の人と交流することができました。

 建築学を学ぶためにトロントのカレッジに通っているベトナム出身のAKBオタクや、村上春樹が大好きな中国の青年、将来日本に就職することを夢見て日本語勉強中のカナディアン大学生、ほかにもたくさんの人と交流し、有意義な時間を過ごすことができました。
画像

 日本にいると気づかないことも、日本を飛び出して外側から見てみることで、今まで気付かなかった日本の良さを感じることができました。

 その後もここで出会った仲間たちとは、チャイナタウンに中国料理を食べに行ったり、スポーツフェスティバルに行ったり、たくさんの楽しい時間を一緒に過ごしました。

 GMS学部は英語を学ぶ学部ということもあり、多くの人が海外へ留学します。そんな留学が当たり前になった今、私たちは留学経験から何を学ぶのでしょう。

 自分の意見をしっかり持つ「意志力」、様々な国の人との触れ合いで得る「コミュニケーション力」、日本という壁を壊して見る「広い視野・視点」、おそらく語学力だけではないと思います。

 正直、私のトロント生活は楽しいものばかりではありませんでした。思うように英語が話せず苦しんだり、携帯とウォークマンを盗まれたり、ベッドバグという虫に毎晩刺され寮を出たり、、、。しかしどんな災難に遭ったにせよ、今は胸を張って行ってよかったと思っています。

 どんな苦しい状況でもここで学んだ経験は必ず将来の役に立つと確信しているからです。もし留学しようか迷っている人がいたら、チャレンジしてみることをおすすめします。

 そこには、日本で生活しているだけでは味わえない驚き・感動、そして困難が待っているからです。(3年、まっき)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
かわいい かわいい かわいい
トロント短期留学 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる