駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ホストファミリーとの旅

<<   作成日時 : 2016/01/10 09:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 こんにちは。高ゼミ3年のあおいです。最近とても寒いですね。お布団からなかなか出られない季節となりました。先が思いやられます…(笑)。私は一昨年の夏に5週間だけオーストラリアに留学をしていたのですが、当時ホームステイをしていたご家族のお父さんとお母さんが去る秋、なんと日本まで遊びに来てくれたのです!


それでも、日本のことはよく知らない

 もともとあまり日本に興味のない方たちでした。当時、日本の話をしてもあまり反応がよくなかったので、話さないようにしようと自分の中で決まりを作っていたほど…。

 日本が「嫌い」というよりは「無」の状態、あまりピンと来ていない様子でした。

 それでも、つたない英語の私の面倒をよく見てくれて、帰国後も頻繁に連絡を取りあっていました。

 メールで「I miss you.」と言われても、私が会いに行くしかないよなぁ、学生のうちにもう一回くらいは行きたいなぁなんて思っていた矢先。

 急に「日本に会いに行くから」というメールが!!

 とても驚いたのと同時にうれしい気持ちになったのを覚えています。

 しかし、「どこに行きたい?」と聞いても「よくわからない」、「あおいはどこがいいと思う?」という答えしか返ってこず…。

 唯一、「日本の伝統文化は好き」ということだけ言われました。

 「I miss you.」が本気だとして、会いに行きたいと思っても、私だったら遠い国まで行くだろうか…。これはお国柄なのかなぁとも思いつつ、日本人としては着てもらうからには日本も好きになってもらいたい!!

 この頃の私の日々は、滞在期間10日間で行ける日本の観光名所を探すことに費やされました。(笑) 

 結局、2泊3日京都で観光してもらったあと、その他はどっぷりと東京を紹介することにしました。

 ディズニーランド、浅草、かっぱ橋、銀座、スカイツリー、渋谷…


東京初日はディズニーランド。

 オーストラリアにディズニーランドはなく、彼らにとってはじめての場所。最初は50代の彼らが楽しんでくれるのか心配でしたが、途中で「被り物を買いたい!」と言うほど楽しんでもらえ(ポテトヘッドとミニーちゃんを購入していました。笑)、「孫ができたら絶対連れてくる!!」と言っていました。
画像

 渋谷に行ったときは、ディズニーランドとはまた違う興奮をしていました。

 オーストラリアの中でも田舎に住んでいるので、「うるさいところは苦手…」と言っていたものの、半ば強引に連れていくと、スクランブル交差点の人の波に目が輝く輝く!(笑)

 動画を撮るために交差点を何往復もし、夜でも明るい渋谷をパシャパシャと写真を撮りまくっていました。

 ビッグカメラで「SONYのスピーカーが安いじゃん!」と買い、牛角で「肉が美味しい!」「たれがうまい!」とたくさん食べ、最終的には、私の予想以上に渋谷を満喫しているようでした。

 最後、成田空港で「楽しい10日間だった」と言われ、とても嬉しくなりました。

 ホストファミリーのおかげで私のオーストラリア留学がとても有意義なものになったのと同じように、お父さんとお母さんにとって思い出になる日本旅行になれていたら、とても幸せです。(3年、あおい)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ホストファミリーとの旅 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる