駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 勝手CMに初挑戦「フリスク FRISK」(駒澤大学GMS学部高ゼミ2年生制作)

<<   作成日時 : 2016/02/08 20:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 みなさん、高ゼミ2年のかずやです。私達の班は、最初みんなで自分なりに商品を一つ決めてプレゼンテーションし合うことからスタートしました。靴・香水・化粧品・洗剤など様々な意見が出ましたが最終的にうどんでいこうということになり撮影をスタートしました。

 しかし、うどんのコシとダンスの腰使いを掛け合わせようしたのですが中々上手くいかず、キャッチコピーを変えたり、ダンスと組み合わせることを止めたりと悪戦苦闘した結果、商品を変えて一からやろうということになりました。
 

苦戦したテーマ決め

 苦戦した分学べたことも多かったように思います。

 まず、最初の商品決めに時間をかけた分、参考にする為に沢山CMを見たことで自分のアイディアの引き出しを増やす事が出来ました。

 また、インパクトの強さや面白さを私達の班では重要視していたのですが、分かりやすい1つの形にまとめていくという意味でストーリー性もかなり重要であると気がつきました。

 そして、アイディアを出し合う時には思いっきり出しあつたとしてもプレゼン時にはできる、できないなど現実的な面も考える必要があると気がつきました。


撮影・編集

 ダンボールに拡大したフリスクの画像を貼って作ったフリスクマンの頭。

 フリスクマン役のももちは全身白の衣装に白い上履き、頭にはフリスクを被って撮影に臨みました。
画像

 昼下がりの駒沢公園での撮影では、ブランコをこいでみたり、階段ダッシュゃ跳び箱をしてみたり、たくさんの子供たちに笑われていました(笑)
 
 いろいろと案を出した末に、CM全体をドキュメンタリー風にまとめることに。それからは編集に追われる日々でした…。

 シーンの取捨選択、画像の明るさ、字の色やフォント、キャッチコピー…様々な問題に直面しました。
 
 ドキュメンタリー風と決めたのは良いものの、どうすればそう見えるのか、先輩や先生に指摘してもらいながら改善していきました。


CM活動を通して

 最初の頃はアイデアが中々決まらず、本当に完成させることができるのか不安でした。毎週、日にちが合えばみんなで集まって話し合いを重ねていきました。

 撮影が本格的に始まったのは他の班よりも遅く、慣れないことばかりでとても大変でした。撮影を始めてからどんどんアイデアが出てきて、途中で変えたり、角度を変えて撮ってみたりとしていくうちにいつの間にか撮影を楽しんで行えるようになりました。
 
 よかった点としては、班員一人一人がどんなCMを作りたいのかについてプレゼンテーションを行い、話し合いを行ったことです。その結果、班員の良いところを少しずつ抜き出して撮影を行うことがでしました。
画像
 
 反省点としては、テーマを決めるのに時間をかけ過ぎてしまったことだと思います。

 アイデアをみんなで出していく内に最初に決めていたことと少しずつ逸れてきてしまって、それをまた修正してと時間をかけ過ぎてしまったためにスタートが遅れてしまったので、時間配分を最初に決めてどういう期間で制作を進めていくのかスケジュールを組んで、次回は取り組みたいと思います。
 
 今回学んだことを活かして、グループはこれで解散となってしまいますが、それぞれが来期のCM活動に活かして次回は今回よりも凝ったCMが作りたいです。

 班のみなさん、ありがとうございました!お疲れさまです。(2年、かずや)


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
勝手CMに初挑戦「フリスク FRISK」(駒澤大学GMS学部高ゼミ2年生制作)  駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる