駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ショート・フィルムに初挑戦「Seeing is Believing」(GMS学部高ゼミ3年生制作)

<<   作成日時 : 2016/09/04 21:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 みなさん、こんにちは!2年連続映像制作の班長になりました!なつみです!2016年度の高ゼミ3年生は、新メンバーのわことハンターを迎えて、にぎやかにはじまりました。その中でも私たちの班は、アーカンソーからの交換留学生のハンターが班員となり、ショートフィルム『旅』を制作しました。


交換留学生ハンターの生活に迫る!

 私たちは制作の中で、旅という題材と留学生であるハンターを関連づけて、果たして他の国で育った人々にとって日本とはどういう風に感じているのか、なぜ人は旅をするのか、ということをテーマに撮影を進めました。

 ハンターは4月にアメリカから日本に来たばかりですが、日本語もどんどん上手になっていき、どこに行く撮影もとても楽しんで、名演技がとびだしてきます。

 また、ハンターがアメリカにいるシーンでは、ハンターの寮にあるお部屋を借りて撮影しました。
画像

 そもそもそこは駒澤大学の国際交流館なので、ふつうの学生は入れる機会がなかなかありません。

 外や部屋で撮影しているとそれを見かけた、韓国からの留学生がわたしたちに飲み物を差し入れしてくれて、とても心温まる経験もしました。


怒涛の2週間

 毎度のことなのですが(汗)、予定より遅く撮影が終わり、編集室に毎日通う日々が始まりました。。。

 しかし、昨年編集を主に携わっていたメンバーでもあったことと、とても協力しあうことができたので、編集はもたつくことなく意見を出し合って終えることができました

 ハンターも英語を訳さなければならない場面やアフレコにすすんで、意見を出してくれました。

 2週間で詰め込んでそれはそれは壮絶な編集期間を過ごしましたが、いまとなっては協力しあえたとても期間になりました。

 写真をご覧いただいてわかるように、みんなの目も真剣そのものです!!!!笑
画像


最後に
 
 最初の案ではハンターが日本を知るということで、撮影も兼ねて浅草観光に行きました!

 撮影に使った時間はおおよそ4時間。もちろん映像の中で使えるのは選りすぐって2分くらいかな?と予想していましたが、最終的に浅草シーンはカットとなりました。

 しかし、その撮影を5月ごろに始めていたので、みんなが仲良くなるきっかけにもなってハンターが日本を知るきっかけにもなったので、結果的に行って良かったし、今も思い出となっています。

 今回のショートフィルムではハンターと関わる日本人としてわたしたちに4人全員登場します!!ハンターの演技力にも注目してご覧ください!(3年、なつみ)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
ショート・フィルムに初挑戦「Seeing is Believing」(GMS学部高ゼミ3年生制作) 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる