駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界と日本を満喫して

<<   作成日時 : 2016/10/05 13:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 はじめまして!今年後期から高ゼミに入りました誠也です!今、一応3年生扱いですが、留学のため一年休学していたので、実質2年生です。なので、高ゼミが自分にとって初めてのゼミ参加になります。それでは、今回は良い機会なので、自己紹介をさせていただきます!

 川崎市出身で、小さい頃からずっと武道をしていました。小学校で空手、中学校で弓道、高校で柔道をしていました。

 趣味は旅行です。大学に入ってからは時間さえあればどこかに行っています。

 休学中は、アメリカに半年、カナダに3ヶ月いました。

 最近は「てことは英語ペラペラじゃん!なんか喋って!」と言ってくる人が怖くて夜も眠れません。笑


旅の醍醐味

 大学一年の夏、大して自分の国のこともよく知らなかったので、まずは日本を知ろうと思い(安いし)、高校の友達とヒッチハイクで京都に行き、バイクで盛岡や仙台、京都をまわりました。

 公共機関を使わない旅では、目的地よりも道中に知られざる絶景みたいなものや色々な出会いがあり、旅の楽しさを知りました。

 でも、日本はいくら見て回っても多少の地域差はもちろんあるもののやっぱり多くのものが同じでした。

 家族で海外旅行などありえない家庭で育った反動でか、大学生になったら絶対に海外に行こうとずっと思っていて、一年の春休みにとりあえず東南アジアに行こうと思い、タイとカンボジアに一人旅に行きました。

 そこで宿泊したドミトリーで出会った色々な国から来た人々との会話やその人たちと仲良くなって一緒に行動することによって、異文化交流の楽しさを知り、外の世界の人と関わるツールとしての英語の重要性を知りました。

 この後、ウズベキスタンという国に行きました。いや、どこだよそれ(笑)って人が大半だと思うのですが、一言で言うと「アラジン」な国。シルクロードのど真ん中にあったため栄えた国です。

 ここで衝撃的だったのは、日本語が流暢な人や日本語学校の多さです。日本が大好きという人たちと話すことが多くて驚きました。

 周りの人にイスラム教国への旅行はやめたほうがいいと言われましたが、行ってみたら、治安はとても良く、人はとても親切で料理や建造物も素晴らしい国でした。
 
 イスラム教=危険というのは全くもって誤解で、実際に行ったり話さないとわからないことばかりだとこの時知りました。
画像

△ウズベキスタン(サマルカンド)


いろんな価値観

 そんなこんなで、2年生夏から休学して英語の語学留学しようと決めました。

 留学までの間、イタリアに貧乏旅行に行き、その後アメリカに渡りました。

 留学先はあったかいところがいいな〜という安直な考えでアメリカLAにしたんですが、アメリカ大陸の反対側も見てみたくなり、カナダのトロントというところにその後移動しました。

 留学するならトロントは交通、物価、人の良さ、国際色の豊かさ、料理の美味しさ全て良いのでオススメです!(ただ死ぬほど寒いです)

 いろんな国からいろんな人が来ていて、みんな癖が強くて本当に面白かったです。金銭感覚から笑のツボまで全然違っていていい経験になりました。

 それだけではなく、日本という国がどんな風に見られているか正直な意見を知ることができ(基本的にどの国の人もsamurai,sushi,narutoは知っていたけど、中国の一部だよね?とか、どんなアルファベットを使うの?と言われたこともありました笑)。

 と同時に、自分が日本について聞かれた時答えられないことが多くあることに気づきました。
画像

△トロント(隣はメキシコ人のルームメイト)

 帰国直後は、日本の便利さと清潔さと人の親切さに感動しまくりでした。

 帰国後の夏休みは、富士山に登ったり、青森八戸までヒッチハイクしたり、400年続く伝統ある祭りで神輿を担いだりして、「日本」を満喫しました。

 残りの大学生活、みんなと有意義に楽しく過ごして行きたいので、これからよろしくお願いします!(3年、誠也)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
世界と日本を満喫して 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる