駒澤大学GMS学部高ゼミブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 勝手CMに初挑戦「じゃかりこ」(駒澤大学GMS学部高ゼミ2年生制作)

<<   作成日時 : 2017/02/16 10:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 みなさん、こんにちは!ベジ班班長のベジです!今回私たちは空前絶後の…超絶怒涛のお菓子。人を愛し、人に愛されたお菓子!!サラダ・チーズ・じゃがバタすーべての味の生みの親。

 そう、それこそはぁ、サンシャイーーーーーン 

 じゃ・が・(ボコッ)りこ

 イェェェェェェェェェェイ!!!!!

 はい、ということで、今流行りのサンシャイン池崎さんのネタで紹介した通り、「じゃがりこ」のCMを作成しました。
画像

目指すはインパクト!!!

 CMを作る上で最も重要なものは何か。

 この問いに最初は直面しました。もちろんたくさんあります。

 ただその中でもやはり一番重視するべきだったのは、「印象を与えること」でした。

 じゃあ、どうやって印象を与えるのか?

 従来のじゃがりこのCMは、「じゃあ・じゃが・りこ・りこ・じゃがりこ♪」って感じのリズミカルなものでしたよね!

 もちろんそれは、じゃがりこを食べたときの気持ちのいい音を意味していたからだと思います。

 なので私たちも、その「音」を無くさず、でも従来のモノとは違ったCMを作らなければ!ということで、目にも耳にも印象に残るCMを作ろうとしました。

 もちろんCM自体は見てからのお楽しみです( *´艸`)。

 でもまぁどういうことなのかというと…

 これ!この表情!美味しそうですよね!
画像

 という風に、人の表情を映し出す為にかなり多く「顔」が映し出されてきます。

 どんな顔なのかはもちろん秘密です(*ノωノ)

 私たちは役者ではないので、見ただけで伝わる表情や動きをするのはとても大変でした。

 もちろん、メンバー1人1人に個性があるので、それを生かす役回りも考えなければなりません。

 いつも見てる側から、作る側に回った時、見えないところで頑張っている人の重要さを実感できました。


反省点

 反省すべき点をあげたらキリがないです。

 まず、班長の私は班員に怒られました。「仕事が遅い」と。

 きっと私は心の中で「まだ平気」と思っていたようです。もちろん、その後は仕事しました。

 そして次に、高先生にも指摘を受けました。「仕事が遅い」と。

 撮影場所やシナリオもできていて、あとは撮るだけ!ってなってから役者の都合が合わないのを理由に後回しになっていました…。

 でもシーン別に撮ることになって、担当の者が来れる日に合わせていると、意外と撮影できる日は多かったので、やはり最初の方は怠けていたようです…。すいません…。

 そして最後に、この編集後記を「出すのが遅い」とまた叱られました。

 2度あることは3度あるって言いますけど、「仏の顔も三度まで」と昔から言われてますよね。

 ごめんなさい(T_T)


最後に

 初の映像制作となり、もちろん班長も班員もわからないことだらけで至らない点も多かったです。

 しかしあと数か月で始まる大学3年生としての生活。

 ゼミ生としても先輩になるので、先輩たちに負けず劣らず、後輩には堂々とできるように、もっと素晴らしい映像作品を作り上げます。

 次回作をお楽しみに!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓見てね↓↓↓↓↓↓↓(2年、ベジ)


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
勝手CMに初挑戦「じゃかりこ」(駒澤大学GMS学部高ゼミ2年生制作) 駒澤大学GMS学部高ゼミブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる